<< ミットで力む原因がわかったが、改善には至らず | main | 鍛錬部位以外の脱力と不稼動が、鍛錬部位への強力な集中を促す >>
0
    マットロンクワーの無反動化・引き伸ばし・落下、マットロンサーイの無反動化・閉跨がを実行
     平常心でジム入りし、ロープから開始。シャドー3ラウンド、サンドバッグ1ラウンドで、ミットへ。
     昨日と同じく、ミットに臨んでも弛緩するように努める。昨日よりは、力が抜けた気がする。マットロンクワーの無反動化・引き伸ばし・落下、マットロンサーイの無反動化・閉跨が実行でき、マッは全体的に強力だった。
     今回、初めてマッタワットカーンを指示され、通常のカーンガできなかった。ミットにおいても、冷静に動くことは、いつも変わらぬ留意点である。
     1ラウンド目で内臓疲労が生じたが、以後は回復。連打は5までだが、2ラウンド目で威力が低下。しかし、3ラウンド目で「やってやる!」という意気が高まった。これは久しぶりの感覚だ。
     サンドバッグでマッ2ラウンド。威力の高まりを確信。終了後に拳の皮がむけていた。
     サンドバッグでテッ3ラウンド。
     腕立て12回、落下腕立て6回3セット、クランチ12回3セット、クロスオーバーツイスト左右各10回。
     シャドー2ラウンドで舒筋。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:54 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE