<< ソークは、落下や閉跨など足の動きが自然にできる | main | マットロンクワーの無反動化・引き伸ばし・落下、マットロンサーイの無反動化・閉跨がを実行 >>
0
    ミットで力む原因がわかったが、改善には至らず
     ジムへ向かう電車の中で、スパーのことを考えたら、フッと体が弛緩することを感じた。そうか、スパーでは弛緩していても、ミットだと最強打を意識するあまり、力んでしまっているわけか。スパーでの感覚をミットに活かすことを課題としよう。
     ロープは今回も快調。ラウンドを増やすしてもいい、くらいに思えてくるが、12分に留めておいた。
     シャドーはマッ4、カウ1。
     ミットは、弛緩が課題だったが、いざ臨むと、即座に忘れ、強打を目指して力が入ってしまった。しかし、マットロンクワーの落下、マットロンサーイの閉跨などは実行できる。連打は5までで5連打は強打を維持できたが、2連打の頻度が単発と同じくらい高く、連打後の攻撃で威力の低下が生じた。内臓などの変な疲れはなくても、威力の低下は、疲労の証し。次回は威力の維持に努めよう。
     今回もスパー。昼の練習で一緒になる人と2ラウンド、試合を控えた女子と2ラウンド。今回は、ひとつの技における虚と実を少し実行できた。全体的には、マッ中心に攻め続け、ラスト30秒でテッサーイのみ。今回も、百発百中で、自信が戻った。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッ2ラウンド、シャドー舒筋法で終了。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 14:58 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE