<< ミットは好調を維持できるが、課題の身体操作は不十分なものが多い | main | スパーで偽の情報を与える試みは全体の流れでは成功 >>
0
    システマで「呼吸を通す」ことを学び、ムエタイへ活用する大きな可能性を感じる
     月1回のシステマ。
     前回は、ムエタイに恐れを抱き、システマの練習に参加することで、ムエタイから逃げる、という心理状況だった。
     しかし、今回は、復帰以来の好調と、もちろんシステマや舒筋法による弛緩の効果もあり、今日もムエタイに行きたい!という気持ちになっている。たいへん良い状態だ。
     もちろん、システマの重要性は変わらない。今回も、必ず収穫があるだろう。

     各種のローリングを行ってから、「呼吸を通す」練習へ移る。さまざまな段階を踏んで、頭から吸って足で吐く、というところまで行ってから、呼吸を通して対人の動きを行う。
     腕立ての状態と、しゃがんだ状態を上から押さえてもらう。あるいは、腕を押さえてもらう。これらの状態から、筋肉の力で上げる、あるいは腕を動かそうととしても、動かない。しかし、押さえられている部分から相手に呼吸を通してから体や腕を動かすと、上げることができる。
     何度か行っているうちに、これは、呼吸を通すことによって、相手が反応しにくくなる、ということに気づいた。
     自分の力が強くなるわけではなく、相手が反応しないタイミングで動けるため、相手は抵抗できなくなってしまうのだ。
     瞬時に、ムエタイで活用できないか?を考える。すぐには答えが出なかったが、終了後に、呼吸を通す十分な時間がなくても、その意識をもつことによって、打撃にもパムにも使える気がしてきた。

     最後に、胸を開く姿勢を指導される。胸を張るのではなく、開く。これによって、呼吸が通りやすくなり、周囲への視野が拡がる。
     胸を開いた姿勢を保ちながら、相手のプッシュやストライクを受け流して、反撃する。ストライクでの反撃は、肩を打ち、その反動を利用して顔へのストライクへつなげる。この弾むような打撃が、ひとつの腕で複数の相手を連続して打つストライクに通じる。

     先月は、ある意味では消極的な思いで参加したシステマだが、その効果が確実に発揮され、1ヶ月経っての今回は、システマをムエタイへ、より積極的に活用しようという意識へと向上した。
     システマ、そして指導してくれた天田憲明先生に深く感謝します。ありがとうございました。
     一緒に参加された皆さん、ありがとうございました。

     終了後は、シャドーで、呼吸を通す意識で技を出してみる。予備動作が、より小さくなった感覚がある。明日のムエタイで、存分に活用できるようにしたい。
    | BUDO-STATIONシステマ | 16:34 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE