<< シャドーは良好な感触 | main | ミットで、昨日より復調したことを実感 >>
0
    前回と同じような内容・展開・状態で、停滞
     ロープは、ゲーオ氏と並んで行う栄誉。
     シャドー3ラウンド、サンドバッグ2ラウンドとも、マッに専念。トロンの落下、サーイの骨盤、そして両方に共通して腕の無反動化に留意。
     ミットもゲーオ氏と一緒だ。いざ始まると、横でミットが行われていることは、まったく目に入らない。周囲も感じ取れる感覚が必要だ。
     ミットは全体的に前回と同じような感じで、マッとカウは良好、テッは打点がうまく合わない(右は単発、連打とも好調)、そして2ラウンドで疲労した。しかし、弛緩に努めて3ラウンド目で、だいぶ回復。早く元に戻さねば。
     サンドバッグでマッ3ラウンド、テッ2ラウンド。
     プッシュアップ12、4、3、3。クランチ12、10、10、クロスオーバーツイスト左右各16。
     シャドーで弛緩して終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:45 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE