<< マッの課題を実行できないままミットへ、スパーでは勝利ポイントを確実に集中される | main | 上半身に専念し、鍛錬部位以外の脱力をはかる >>
0
    現在直面している問題を格闘研究塾で解決
     孝真会にて、川嶋佑先生の格闘研究塾。
     最初のテーマは、横蹴り。止める横蹴り、自分から入る横蹴りを中心に、身体操作、距離、タイミングなどを指導していただく。
     続いて、高速刻み突き。自分が現在、直面しているマッの諸問題に共通し、身体操作の整理が進んだ。参加者の中で刻み突きを得意とする人からも解説があり、今日、突発的に名づけた「肩甲骨半発動」につながる動きを見せていただき、さらにマッの身体操作について理解ができだ。
     これに関連して、自分で直面している問題の、下からのマッにおける無反動化を先生に質問すると、まずはミットを打ってください、ということになり、8の字運動をしながら下からマットロンを出すと、問題ありません、とのこと。これで無反動化ができていたのか。ありがたい確認をいただけたが、質問としては愚問に帰してしまった。
     間合いのテーマに移り、間合いの解釈、間合いの前提となる武器などの解説から、カウンターをとる対人練習に展開。カウンターに徹していると、かえって動きやすかった。スパーでも、常にこの意識で行うことが大切になる。
     川嶋先生が新しい内発動理論として、「斜めの結合」を解説してくれる。現実の動きは、前や横に大別するのではなく、斜めがほとんどのような気がする。川嶋先生の内発動理論は、これでまた進化したことだろう。
     私をはじめ、足を怪我している人など負傷者が多いため、スパーは手技のみ。先ほど行ったカウンターの意識に徹し、藤原敏男先生の動きを常に行い続けた。自分としては、待つ状況を撤廃し、先をとるか、あるいは遅れても返しにつながる動きができたと思う。今後への好感触を得ることができた。
     川嶋先生、今回も貴重な教えの数々をいただき、ありがとうございました。
     参加された皆さん、ありがとうございました。
    | 格闘研究塾 | 14:40 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE