<< 腹、腰、胸、前腕、いずれも良好な刺激 | main | 脱力を活かして大腿・背・肩。終了後の舒筋法で確実に弛緩 >>
0
    マッの肩甲骨発動、無反動化、震腰がつかめてきた
     蚊に刺されるのを避けるために、久しぶりでロープ。3ラウンド目で腕に疲れが生じたが、脱力のための準備、と思えるようになった。全体的な動きは軽快。
     シャドー2、サンドバッグ1のみで、ミットへ。サンドバッグで、マッの肩甲骨発動、無反動化、震腰がつかめてきた感じがあったので、それらをミットで全開させる。6割くらいは成功した感じがする。カウは良好で強力。テッはディアムンガが完全ではない。実行できているときは強力になることはわかった。10連打まで行い、蹴り足戻しを実行したので、全体の速度は遅めだったが、破綻なく動けて、疲労からの回復は早かった。脚の脱力はまだ不十分。次回への課題だ。
     スパー2ラウンド。相手は完全に受けに回り、こちらのテッをほとんどかわされた。このような相手にも追い込んでヒットさせるべきか? 相手が受けてくれていることに敬意を示すか? 難しいところだった。
     サンドバッグでマッ1、テッ2で、課題の身体操作を確認して終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:05 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE