<< 肩甲骨発動のマッ、ディアムンガのテッをシャドー、ミット、サンドバッグで練習 | main | ディアムンガの効用 >>
0
    ミットの連打で蹴り足の戻しを忠実に実行すると、蹴りが速くなった
     マッとテッの肩甲骨発動、ミットの連打では蹴り足の戻し、という課題を背負ってジム入り。
     タイヤで8の字、虎背、ディアムンガ。シャドー6ラウンドで、虎背。
     ミットは、心身ともに弛緩ができ、課題をかなり実行できる。連打の密度が高く、2、3、4、5が、さまざまに組み合わされ、ついには10に至ったが、いずれも蹴り足戻しを疎かにしなかった。運動の原理として当然なのだろうが、蹴り足を戻すことによって、連打の中でも蹴りが速くなった。先生の指導を実行することで、わずかではあれ確実な向上が見られた。
     サンドバッグでマッの肩甲骨発動確認を2ラウンド行ったら、先生の号令でサンドバッグ蹴りテッ左右各30回を3セット。自分のサンドバッグに戻ってテッ1ラウンド。
     シャドーでテッの肩甲骨活用を確認しながら2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:48 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE