<< ミットで連打に対処、スパーでテッを読まれる | main | シャドー、ミット、サンドバッグでビーコーサーイのテッサーイを実行 >>
0
    肩のトレーニングは、三角筋で引きながら耐える意識に集中

     ウォールクランチ30回、ストレートレッグトゥタッチ30回、リバースクランチ30回、オブリーククランチ左右各30回、クロスオーバーツイスト左右各30回を、ジャイアントセットで40分。セット数は2のみ。オブリークでは、首が限界にきて脱力をはかるが、どうしても力を抜くことができなかった。クロスオーバは後半になって頭部と肩甲骨の重みを腹筋で引いて耐える感覚をもって行うことができるようになる。


     バックエクステンションマシーン41キロ8回、50キロ6回、41キロ8回2セット


     スミスマシーンでアップライトロウ20キロ10回、30キロ8かい2セット
     シーテッドダンベルサイドレイズ5.4キロ8回3セット
     シーテッドダンベルフロントレイズ4.5キロ8回2セット
     ベントオーバーラテラルレイズ6.7キロ8回2セット
     左手首を、どうやら昨日のスパーで傷めたらしく(今朝になって気づいた)、持ち上げる動きは尾請わず、それによって鍛錬部位以外を脱力しながら三角筋で引きながら耐える意識を集中できた。

    8の字、スワイショウなどで脱力し、五行の気は5回。
    | ウェイトトレーニング | 18:21 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE