<< 大腿と背を脱力しながらも複合して | main | ミットで連打に対処、スパーでテッを読まれる >>
0
    足の位置修正と沈んでのマッンガ
     テッサーイの中丹田先導をテーマに撮影。
     右足を2足分右へ移動すべきところを、何と前へ直進しているので驚く。
     山田編集長に、両脚の前後感覚を広げるよう指摘され、修正すると、右へ出ることができるようになった。
     続いて、ディアムをマットロンにしてからのテッ。マッは伸ばしたままで蹴るようにすると、動きが速くなり、もちろん、相手にはとらえにくくなる。
     テッサーイ→マットロンで沈み→マッンガの流れも行う。沈むとマッンガが出しやすくなるが、その際、両足を浮かせるのではなく、右足は床に残したまま左足だけ浮かせると、さらに速く、しかも相対軸になる。
     たいへん良い研究材料ができた。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 21:08 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE