<< 骨盤8の字運動と各技の密接な連動を模索 | main | カウからピッのシステム化とテッの8の字による軸足浮上 >>
0
    ヒップリフトのネガティブ動作で骨盤と大腿の重みを脊柱起立筋で支えるのは、たいへんに難しい
     ちょうど1週間をおいてのウェイト。鍛錬部位以外の脱力をはかるのは、いつもどおり。


     ベンチプレス20キロ12回、30キロ8回、50キロ3回、55キロ2回、1回、1回、40キロ5回、5回
     リバースベンチ20キロ8回4セット
     マシーンフライ14キロ8回4セット


     ウォールクランチ12回3セット
     クロスオーバーツイスト左右各10回2セット


     ベンチヒップリフト30回2セット。腰を下げる動作を、骨盤と大腿の重みを脊柱起立筋で支えるのは、たいへんに難しい。デッドリフトやバックエクステンションなどの方が有効か。

    骨盤の8の字運動

    スワイショウ

    五行の気5回
    | ウェイト&内発動トレーニング | 16:51 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE