<< ミット、サンドバッグでも中丹田先導を実行し、効果を確認 | main | ミットでの疲労と回復、スパーは異なるタイプ3人と対戦 >>
0
    数々の教えを受け、スパーでは課題を確認できた、最後の「土曜日格闘研究塾」
     孝真会にて、川嶋佑先生指導の「土曜日格闘研究塾」。来月から不定期開催となるので、「土曜日」の名称を冠した開催は、本日が最後となる。

     防御からの返しから開始。膝を上げてのカット「カウバン」は、受ける側の脛で蹴る「蹴り返し」を行う。これにより、次の攻撃へのつなぎが速くなる他、膝の角度が鈍角になって、大腿などが緊張することを防ぐ効果もある。この角度を意識することにより、ムエタイの「膝上げ運動」が筋肉に頼らずできるようになる。ヤーンジョーラケーもフォームを変更しよう。

     階段昇り降りの問題点から、意識と技の習得へ発展する。自分で「意識」して動きを学ぶことには限界が生じがちだが、相手から受動的に動かされることで、自分の意識から離れたところで技が身につく。そして、受動から自分の先導に変化していく。

     疲労について、練習による疲労は問題ないと教えられる。練習して疲労は当然。その先に、自分が向上する、という結果が生まれることを先に考え、楽しいことが待っている、として臨めばいい。

     最後は、足刀の作り方。足刀の形を作ろうとすると、指先や足首に力が入って外発動になってしまう。しかし、膝を上げて足首を曲げれば、力まずに足刀の形となる。そのまま膝を伸ばして蹴り込めばいい。ひとりで足刀蹴りを行うと力が入ってしまう私も、実際に先生の腹へ足刀を蹴ったら、脱力していた。こういうことだったのか。

     そして、スパー。2分6ラウンド。藤原敏男先生に指導された上体の動き、フェイントからのテッタン、このところ研究を続けていたマッタワットなどを試し、良い感触を得る。自分としては最新の課題である中丹田先導でテッサーイを多く放ち、これも有効に働くことを確認できた。

     技術だけでなく、日常生活にも役立つ教えの数々、スパーを通した研究課題の確認など、実に豊かな収穫を得て、今回も非常に充実した。
    | 土曜日格闘研究塾 | 15:51 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE