<< ミットでテックワーの軌道が向上し、威力を実感 | main | ジムの夏期休業に合わせて断食 >>
0
    ミットで5連打を欲するようになったのは進歩か?
     ムエタイ3連戦3日目。恐れや疲労はなく、ジムへ行くことが日常、という感覚になってきた。しかし、ジムに着く直前で怖さを感じ、システマの呼吸で弛緩させる。
     今週初めてのタイヤ跳びで、身体操作の確認。
     シャドー3ラウンドのみで、ミットへ。今回も、マットロンサーイとテックワーの威力を感じた。連打は2までで、極度の疲労が生じることがなく、その点では助かった。しかし、連打数が少ないと、前の結合に流れがちになり、横引き延ばしを意図的に行ったが、効果を上げているか実感はもてなかった。5連打くらいは必要だ。
     サンドバッグでマットロンクワーサーイ1、マッタワット1、テッ1、ティープとテッ1。藤原先生式の頭部運動から蹴りを放つ流れも行ってみた。シャドー2ラウンドで終了。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:23 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE