<< ミットは便意との対決に勝利 | main | ミットで5連打を欲するようになったのは進歩か? >>
0
    ミットでテックワーの軌道が向上し、威力を実感
     昨日より落ち着いた気分でジムへ向かう。日比谷線の中では、かなり脱力できた。
     ロープは、昨日より疲労がなく、適度な浮上と落下を維持。
     シャドー6ラウンド。
     ミットはウー先生で、10連打の要求にも、しっかり応えよう、との意気込みガあったが、連打は2までで少なく、単発の技を強打することに集中できた。特にテックワーの軌道が向上し、威力を実感した。
     サンドバッグでマットロン1、マッタワット1、テッ1、ティープとテッ1。
     シャドーで、藤原先生のステップを使いながら、4日教えていただいたソーク、カウバン、フェイントからのテッタンなどを復習して、5ラウンド。
     台風接近のためか、人が少なく、ジムを空間的にも時間的にも、ゆったりと使うことができた。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:55 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE