<< ミットは10連打があっても良好な動きができ、質の高い練習となった | main | 疲労が脱力を促してくれている、ととらえると前向きになれる >>
0
    ネガティブ動作を良好に行う

     ウォールクランチ30回・ヒップスラスト30回・オブリーククランチ左右各30回・クロスオーバーツイスト左右各30回・リバースクランチ30回をジャイアントセットで31分。セット数は3。続けることへの意識が強くなり、集中度が少し低下した。


     チェストプレス41キロ8回2セット、59キロ3回、61キロ2回、63キロ2回2セット、41キロ8回
     マシーンフライをアイソレートで14キロ6回2セット、4回2セット

    前腕
     サムアップダンベルリストカール9キロ12回、11キロ12回2セット
     サムアップダンベルリバースリストカール11キロ12回3セット


     アップライトロウ20キロをドロップセットで7回、4回、4回

     ジャイアントセットでは、集中度の低下があったが、全体的にネガティブ動作を良好に行うことができ、効果が期待できそうだ。
    | ウェイトトレーニング | 17:15 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE