<< 汗の飛散を防止しながらの練習。ミットで着地時の脱力落下が新課題 | main | ミットは2ラウンド限定のため、回転が凄く速い >>
0
    崩しの方向や震腰の使い方に新たな認識を得る
     先月は、BUDO-STATIONで土曜日格闘研究塾を開催したので、孝真会さんへ伺うのは2ヶ月ぶりとなる。
     最初の質問は、脚の無反動化で、具体的な技から入ることになり、がっぷり四つに組んだ状態からの崩しを例に川嶋佑先生が指導。上横引き伸ばしが要点だが、ただ上に上げるだけでは、相手の腕が上がるだけで、体勢を崩すことはできない。ここが、私がこれまで陥っていた誤りだ。作用させる方向を相手の中心に向けると、崩すことができる。これをまたパムで確認していこう。
     崩しからは、足刀を相手の膝関節裏側にかけて倒す流れとなる。足刀をかけるのは、かなり難しい。この動きは、ナイハンチの波返しそのもの。波返しが、現実に即した技であったことを認識せられた。ここでは、横引き伸ばしの注意点を入念に練習する。
     横隔膜による内臓の上下動についての質問、震腰についての質問と続き、腰を水平回転して、やっと拳が届く距離から、さらに拳2つ分離れ、震腰を使って突くと、到達し、しかも威力が上がることを実験で確認できた。これは驚きだ。
     私は、ミットで蹴り足の着地が不安定で、数歩足踏みする無駄、力みなどを直したい旨を質問したが、それは問題ではなく、むしろ足が動いて手が止まってしまうことの方が危険になるので、攻撃の直後足も手も動き続けることを指導される。手の意識により、足の無駄な動きも軽減されるよう、練習で実行していこう。
     最後はスパー。1周目は、ディアムからのマットロン、マッンガ、マッタワットを試すようにする。顔面は直撃しないが、ボディへは当てるようにし、上体を後傾させて後ろの結合を行う感じが、だいぶつかめてきた。これまではディアムで止まってしまうことが多かったが、ディアムからすぐ技が出たのは進歩だ。
     2周目は、課題にとらわれないようにし、好きなように動いてみる。テッサーイを多用し、離れたら、45度足刀ティープで自分の流れを続けるようにし、良い感触を得ることができた。
     川嶋先生、今回も新たな認識につながるご指導をいただき、ありがとうございました。
     参加して共に練習し、スパーをしてくれた皆さん、ありがとうございました。またご一緒しましょう!
    | 土曜日格闘研究塾 | 15:18 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE