<< 連打で蹴り脚の脱力を得る収穫 | main | ミットで連打→会長直々ミット→スパー、と日曜としては変則の内容 >>
0
    システマのストライクで骨の無反動化を学ぶ
     BUDO-STATIONの月1回システマ。
     システマでは、ロシアの剣を使ったマッサージが行われるが、BUDO-STATIONの備品は、中国剣や中国刀がほとんどなので、マッサージに適した重量の木製刀を使用して行う。刀の重さだけを使って、うつぶせになった人の背面を叩いていく。血流が良くなって気持ちがいい。刀をナイフに替えても行い、より細かな部位への刺激と金属の冷たい感触を得ることができる。
     システマの大きな特徴をなすストライクに入る。ストライクを習得するための、1.タッチ、2.プット、3.プッシュの3段階を得ながら練習。
     第1段階のタッチでは、自分の拳を痛めないよう、身体の柔らかい部分へ適切な角度で触れる。
     手首や肘の角度を調節し、最適の角度で相手の身体に触れるようにする。これは川嶋理論の「無反動化」そのものであり、手を開いての拳立てなど、さまざまな習得法があることに驚かされる。
     第2段階のプットは、拳を相手の身体に「置く」。触れるだけでなく、拳の重みを相手に伝える。しかし、押すまでにはいかない。この微妙な感覚は、難しいが、ストライクのために必須となる。
     第3段階のプッシュで押す動作となるが、腕の形状は保ったまま、肩甲骨発動で押す。自分の体重を乗せると、うまく力が伝わらない。そこで、脇の引き伸ばしを使ってみると、うまく押せた。ここでも、内発動理論に直結する原理を感じ、内発動のパンチを理解・習得するのに、大きな足がかりとなった。
    | BUDO-STATIONシステマ | 15:47 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE