<< BUDO-STATIONでの土曜日格闘研究塾は次々に展開される理論と実演で高密度な空間と化す | main | 肘の痛みを避けるため胸はマシーンに専念 >>
0
    日曜恒例のスパーはなく、ミットで30と50の連打
     いつもの日曜に戻った感じで、早い時間から盛況。これ幸いとばかりに、外でタイヤ跳び。タイヤがすごく熱くなっていて、裸足では無理。靴を使用して、各種身体操作を行う。
     シャドー5ラウンド、サンドバッグでマッタット2ラウンドを行い、ミットへ。日曜はスパーと予想していたが、ミットとはありがたい、と思ったら、いきなりの連打。左30、右30、左30、右50、左50、右50。30を越えると厳しくなるが、威力が低下してもスピードは落ちなかった。しかし、疲労は蓄積し、最後の右50は、1本目からミットに触るのがやっと。蹴りとはいえないような情けない動きを50回続けて終了。
     パム2ラウンド。カウを禁止されたので、組んで崩すところまで。崩しの踏み込みと引き伸ばしがわかっていたつもりだったが、腕に力が入って崩せなかった。変なパムになったしまった。
     サンドバッグでテッ1ラウンド、ティープ1ラウンド。
     終了後、前腕内側に痛み。マッタワットで威力が上がったためだ。自分自身を破壊しないためにも、無反動化が必要だと思い知る。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 17:23 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE