<< ミットの延長ラウンドは連打で疲労 | main | 日曜恒例のスパーはなく、ミットで30と50の連打 >>
0
    BUDO-STATIONでの土曜日格闘研究塾は次々に展開される理論と実演で高密度な空間と化す
     BUDO-STATIONに場所を移し、川嶋佑先生の土曜日格闘研究塾が開催されました。
     参加者の質問に応じて、左右の動き(逃避術など)、がっぷり四つからの崩し、アッパーなどを解説していただきした。
     いずれの技においても、内発動理論による身体操作が前提となります。
     多くの技で重要な要素となり、新刊「THE内発動」でも主要項目を構成した「骨の無反動化」は、理解の手段として立ち方や指の無反動化を行い、手の指の無反動化は、足の指へ応用され、足先蹴りの実用へ発展していきました。
     崩しにおいては、体眼の解説と実演をしていただき、使用する技や局面に応じての上丹田・中丹田・下丹田の使い分け、体眼を習得するための顔面システマ、推手ボクシングなどを指導されました。
     アッパーでは肩甲骨発動やシーソー、ロングのボディフックでは後ろの結合など、やはり内発動の身体操作を理解・実践することを通して個々の技を習得していきました。
     参加者の皆さんは、川嶋先生の書籍を通して内発動理論を理解してくれているため、「引き伸ばし」や「落下」などの共通言語を介し、すぐに話が通じて、川嶋先生も解説がスムーズに進んだようです。
     2時間という時間枠は、生涯武道の追求という観点からは、あまりにも短い時間なのでしょうが、たった2時間の中でも、極めて濃密な収穫と進展がありました。
    | 土曜日格闘研究塾 | 15:30 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE