<< ミットは連打の嵐で疲労困憊、スパーは各身体操作の実用性を確認 | main | 浮上スクワットの滞空時間を延ばしたら、かなりの疲労 >>
0
    スパーで各技を実験、ミットは蹴りのみで右の成長を実感
     日曜ながら、一番乗りで、余裕のロープ。
     シャドー7ラウンド、サンドバッグ6ラウンドで、身体操作を確認。
     スパーは、経験の浅い年輩の人を相手に3ラウンド。受けてあげなければ、という意識から、相手を見てしまい、序盤は大振りのマッで攻め込まれそうになる。すぐ意識を変えて「見ない」ようにして、受けよりも、かわしつつ的確に攻撃を返すようにする。テッサーイが入り、このまま続けると効かせてしまう気がして、浅くする。マッタワットの実験は成功してヒット。テッタンも実験的に蹴るが、これは確実に効いているので、3回でやめておく。
     良くなかったところは、腹を蹴っては気の毒なので、上腕を蹴ったら、蹴り足をを下からジャップされて、転がされたこと。もっと深く強く蹴るべきだが、浅い蹴りにしてすぐ抜くようにして対応した。
     スパーを終えてリングを下りると、フロアは人でいっぱい。シャドーを行うスペースもない。
     先生に呼ばれて再びリングに上がり、ミットでテッ左右30回各2セット、左右各40回。先生が「野沢、今日ミットは蹴りね」と、シャドーの際に言われて「日曜はミットでなくスパーをやらされるのだが、なぜだ?」と思っていたが、このことだったのか。左より右が脱力でき、しかも強く速かった。いつも左で練習しているのに、右が良くなるとは、今までの経験どおりだ。
    | ジム練習(シャドー、スパー、パム、サンドバッグ) | 16:39 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE