<< ベンチプレスで、いい感じの張りを得る | main | スパーで各技を実験、ミットは蹴りのみで右の成長を実感 >>
0
    ミットは連打の嵐で疲労困憊、スパーは各身体操作の実用性を確認
     土日は早い時間から人が多く、今日は先着の親子連れ3人と同時進行でロープ。周囲に気を配ることで、序盤は少し疲労を感じるが、中盤から調子が上がる。
     シャドー7ラウンド、サンドバッグ2ラウンド。
     ミットは、テッやマットロンサーイの留意点を実行でき、非常に好調と思っていたが、2ラウンド目で2連打を左右10セットほど続けて、かなり消耗する。
     インターバルで、大石代悟師の「苦しい道を選んで、待っているのは強い信念と自信である」という言葉を実践しようとし、システマの方法も行って3ラウンド目に臨むが、2連打の連続を超えて、10連打の連続、そして4連打からの階段下り、と連打が続いて疲労困憊し、大石師の言葉もシステマの方法も実行できなくなり、動きが低下するばかりで、自分として大変不甲斐ない内容となってしまった。
     続いてスパー4ラウンド。引き伸ばしで膝を顔まで上げてのティープは非常に効果的だったが、相手も膝を上げたり、距離をとったりして、あまり多用すると読まれてしまう。引き伸ばしを使って常に動き続けることも有効で、ディアムからのマッタワットクワーも決まり、実用性を確認。各ラウンドの終盤は、テッサーイを強打はしないが、腕や脇腹にヒットさせて、この技も効果を確認。特に、3ラウンドの終盤でテッサーイを放ち続けて相手がひるんだ素振りを見せたところに先生が「ダウン!」と叫んでくれたのは実に嬉しかった。
     反省すべき点は、頭を下げる動作で顔まで下を向いてしまったところへ、しっかりマットロンをもらった。頭頂部なので効くことはないが、相手を完全に視野から外してしまうことは避けねばならない。
     スパー終了後も人は増え続け、シャドーのスペースもなくなってきて、クールダウンも中途半端のまま終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:00 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE