<< マッタワットクワーを復習 | main | システマで脱力の必然性を改めて思い知らされる >>
0
    テッの良好な浮上が持続し、右も動きが戻ってくる
     ジムに一番乗りし、ロープから。前ほど楽でない気がしていたいが、3ラウンド目から快適になった。
     シャドーはマッタワッの復習から始まり5ラウンド。
     ミットは、良好な浮上を維持。しばらく蹴っていなかったテックワーの威力と速さが戻ってきて、連打も少し良くなった。マッタワットを試したかったが、焦りが生じて、ディアムを行う余裕がないままに終了。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッ2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE