<< ティープ(前足)2種、ティープからテッ | main | 土曜日格闘研究塾に初参加 >>
0
    スパーでテッサーイのヒット位置を調節できるようになる
     前回のミットでは、とことんまで追い込まれたが、今回なぜか不安はない。不安が生じるようなら、不安を感じるのではなく、どんな理由でもいいから「楽しく」と思うように努める。
     ロープ、シャドー2ラウンド、サンドバッグで昨日の45度足刀ティープを復習2ラウンド。
     スパーを外国の女子と行う。体重は53キロとのことだが、骨格は日本人と違い、ミットなどの動きを見ても、基本ができていて、受けだけに回ったら、攻め込まれてしまうことは明らかだ。こちらから強打をすることはないが、通常の動きを行う。1ラウンド目では、テッサーイをジャップされる場面が続き、打点を上げてジャップを防ぐ。すると、バックステップでかわそうとするため、指先までしか当たらなくなる。2ラウンド目からは、距離を調節し、上腕へのヒット率を高めた。相手の腕は上に上がりぎみとなるため、今度は脇にヒットするようになる。3ラウンド目は、脇へ入ってしまうので、寸前で止める余裕もできた。調節をしてヒットさせる段階を体験できるスパーであった。
     4ラウンドを行い、続いてマッのみ。ポンして、しっかり防御したな、と思い動きが止まった瞬間にもらう場面があったので、徹底して動き続ける。頭頂部にもらうことはあったが、ダメージにはならない。ビーコーがいい感じで活用され、返しとカウンターのマッが出せた。相手には少し気の毒だったが、自分なりの実験をさせてもらい収穫は大きかった。
     ミットは、かなり落ち着いてテッサーイを放つことができるが、5連打、10連打で疲労し、意識が低下したことが悔やまれる。2連打での横結合が実行できたが、10連打の後半は、前に流れた。
     サンドバッグでティープからのテッ2ラウンド。クールダウンのシャドー1ラウンド。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 16:50 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE