<< 右足の角度と位置を修正し、会心の蹴りになる | main | テッサーイを徹底練習 >>
0
    ミットは連打の嵐で、引き伸ばしや横の結合が動きの好転につながらず
     昨日の向上を確実なものとすべく、ジムへ。しかし、右足の大事をとってロープは行わない。
     シャドーで、マッ3ラウンド、カウバン1ラウンド、カウ2ラウンド、テッ3ラウンド、試合想定のテッ3ラウンド。
     ミットは、テックワーのみ封印。マッ、テッサーイとも、昨日に続いての好調を感じる。しかし、最終ラウンドは追い込み態勢となり、5連打を4セットから10連打など連打の嵐で、引き伸ばしや横の結合などを使えた場面はあったが、動きを好転させるまでにはいかず、外発動となってしまったことが悔やまれる。
     クールダウンのシャドー2ラウンドで終了。
    | ジム練習(シャドー・ミット) | 14:42 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE