<< 上体の後傾と左腕の振りが、さらに改善される | main | サイドヒップリフトは「横の結合」 >>
0
    テッは脛を当てるのに、患部の指が当たる大失態
     日曜、そして連休の最終日とあって、ジムは大盛況。ロープを行うスペースが狭いため、中止してシャドーから7ラウンド、サンドバッグ7ラウンド。
     ミットは会長直々。今日で3回連続だ。ありがたい。しかし、右足指の腫れと痛みがあり、テッは脛を当てるのだから、指には当たらないだろうと蹴ったら、見事に当たってしまい、強烈に痛む。2回目は注意したものの、またしても当たり、脳天まで痛みが響く。せっかくの会長ミットなのに、たいへん申し訳ないが、右の蹴りはできないことを直訴した。左に集中し、角度はだいぶ改善されてきたが、その分、前の結合に流れてしまった。角度は保っても、横の結合をしなければならない。いろいろな無念を抱えてミット終了。
     人は、さらに増えて、シャドーのスペースもなくなり、クールダウンで2ラウンド動き、終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:42 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE