<< 2日連続で会長直々のミットは、連打だけは課題の身体操作を実行できた | main | 大腿と内発動 >>
0
    引き伸ばしにより連打が高速化、カウバンからのディアムを修正

    カウバンサーイ


    ディアムでは左腕を、ここまで振り下ろします。「速く動くために大きく動く」と山田編集長に教えられました


     ヤーンジョーラケー、ビーコー各1ラウンド。
     ディアムからハヌマーンは、左足親指の付け根が切れているため、思い切って動けないな、と遠慮がちに動いたら、突然軽やかに動けるようになった。今までは2連打がやっとだったのに、一気に10連打でき、次に20連打、そして30連打も難なくできる。どうやら右の引き伸ばしが活きているようだ。
     テッ、カウバンからのテッ、テンカウ、中心線カウ、カウバンからのカウを、シャドーとミットで行う。
     カウバンからのテッは、ディアムが小さくなって威力も低下したことを指摘され、カウバンしてすぐに左腕を下ろし、スマッシュの動きでディアムを行う動作に修正。速度と威力が戻った。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 18:05 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE