<< 下半身に専念 | main | カウも横の結合だと気づく >>
0
    左腕の振りはピー勁と呼んで、蹴りの高速化

    テッサーイのハヌマーン形。左右の脚が対称になります


    蹴りの瞬間は、だいぶお手本のゲーオ氏に近づいてきました

     ヤーンジョーラケーから始まり、ディアムからハヌマーンを連打やカウバンなど交えて入念に3ラウンド、カウを1ラウンド行って、カウのミット、カウバンからカウ。テッは左腕の振りを課題とし、この動きは劈掛(ピーコワ)のピーだ、ということになり、ピー勁と呼んで動く。これによって佐藤氏の蹴りが格段に速くなった。最後は中間距離スパーで終了。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 17:59 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE