<< テッの動作を分解して内発動トレーニング | main | 断食中なので、身体操作の確認のみ >>
0
    練習の成果を試すべく臨んだミットは、全体的に出来の良くない内容に
     練習の成果をミットで試したい、果たしてできるのか?の気持ちが行き交いながら、ジムへ。
     ロープは、かかとの交互着地と上丹田落下が、ますます進んで、軽快さが向上。
     シャドー7ラウンドで各種身体操作の確認。上体の後傾以外は、いい感じで動けている。サンドバッグで連打1ラウンド、マッ1ラウンド、テッ3ラウンド。サンドバッグも良好の動き。
     そして、ミット。前回と同じくテンカーオはできているが、その後のビーコーやハヌマーンは確認できないままになってしまう。連打はまだ上体の後傾が不足。カウは力んでしまった。全体的に出来の良くないミットとなった。
     サンドバッグで連打と単発の復習を2ラウンド、クールダウンのシャドー1ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 17:50 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE