<< ジム練習を自主練習に変更して引き伸ばしの活用 | main | 肩と前腕の小筋群は、マシーンながら充実 >>
0
    ミットで肩甲骨発動の引き伸ばしをたっぷり練習させてもらう
     早めに始めて、日曜ながら、人が多くなる前にロープを快適に行う。
     シャドー6ラウンド。ミットは久しぶりのドン先生で、3ラウンド。10連打は、また外発動になってしまった感じがする。3ラウンド目は、マッ中心で、伸ばす動きを指示され、これ幸いとばかり、肩甲骨発動の引き伸ばしをたっぷり練習させてもらう。ただ、ミットを持ってくれている方に対して「少しでも強く打つべき」と意識してしまうことが、まだ脱力や内発動の妨げとなっている。
     スパー7ラウンド。元王者、ヘビー級、ミドル級、女子と、さまざまなタイプと計7ラウンド。先週に続いて元王者との対戦は、さすがにテッサーイを警戒されて、ヒット率が下がった。しかし、さまざまな戦法を試行錯誤しながら攻撃でき、非常に良い内容のスパーを行うことができ、たいへん感謝している。
     サンドバッグでマッの引き伸ばし復習2ラウンド。ドゥンからのテッなども行いたかったが、人がどんどん増えてきているので、ここまでで「自己強制終了」。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 20:25 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE