<< 左50連打、右52連打 | main | ゴンナパー戦でムエタイのそびえ立つ壁を再認識させられる >>
0
    試合の作戦ロッサーイ・テッサーイ・ティープクワー
     山田編集長から、会社に電話が入り、明日の試合について新たな作戦をいただく。
     といっても、ずっと練習してきたロッサーイ・テッサーイに徹するのみ。
     横への動きが鍵になる、とのことだ。
     接近してマッの交錯になるだろうから、そこで落下マットロンクワー、あるいは拗歩腎突きを使う。
     エキシビジョンだと思っていたが、勝負を懸けた試合になるのか。
     そう思ったら、今日も練習する予定だったが、動き気が失せ、身体を休めることにする。
     数時間後に、また電話が入り、今度はテッサーイからティープクワーへつなげるように、と新たな指示。
     仕かけのティープは、タイ人には通じない。
     テッからのつなぎ、あるいはカウンターで出すしかない。
     そこで、ロッサーイ・テッサーイ・ティープクワーとなる。
     この動きは、これまで行っていなかったので、少し動いてみることにする。
    | 試合(20170416M-ONE)練習 | 20:47 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE