<< 見本が2冊同時に | main | 先生の一言で、自分は自信をもつに足る存在なのだ、と自覚できる >>
0
    試合直前になって、構えという最も初歩的・基本的なところに立ち返る
    ゲーオ氏の構え。肩甲骨が前上に出て、両肩で顎を守る。肘の角度は意外に小さい


    構えの直前。肩甲骨の移動と肩の上昇は、まだしていない


     孝真会にて、川嶋佑先生との練習(通算37回目)。
     道場へ向かう電車の中で、内発動ストレッチを行ってきたので、課題としてきた技をシャドーで行うところから開始すると、先生がすぐに姿勢を「首が前傾して、顔が下を向いている」と指摘してくださった。
     首は直立、顔は相手を正視し、肩甲骨を前に出すことによって、両手が前に伸びる。肘は直角を保ったまま。
     精神的には、グローブをつけたパンチ、弱いパンチ、相手を倒すためではない練習用のパンチなどがくるのではなく、マイク・タイソンのパンチ、さらにはナイフなどの刃物で襲われることを想定して構え、動く。
     通常のスパーで、弱い攻撃、安全な攻撃を想定した防御をしていて、いざ試合になって相手が倒す攻撃をしてきたら、即座に切り換えて受けることなどできない、と先生は主張する。練習に臨む態度の甘さを、鋭く射抜く言葉だ。
     こうした先生の教えを実行できないまま、パムからのカウに限定したスパーに臨むと、自分勝手な外発動の攻撃で疲れ、甘い防御の隙をつかれて組み崩されるまま1ラウンドを終えた。
     1ラウンド終了後、先生から改めて構えの重要性と、内発動で出すカウの方法を教えられて2ラウンド目に臨むと、首の取り合いの中でカウが自然に出て、組まれる場面が減った。「1ラウンド目はすごくダメでしたが、今度はすごく良くなりました」との評価をいただける。
     パムからカウ限定のスパーは3ラウンド行って、次は自由スパー。
     構えの意識を変えると、中丹田が自然に浮上する感覚があり、腕も脚も軽く動く。先生の攻撃を安易にもらう場面が減り、自分の攻撃はヒット率が上がった。特にテッサーイは「威力が強くなりました」と言ってもらえたのは実に嬉しい。
     「この構えからの動きが試合でできれば大丈夫」と、先生から、試合に向けてのはなむけの言葉をいただけた。試合直前になって、構えという最も初歩的・基本的なところに立ち返り、この数十年、自分はいったい何をしていたのだ?との気持ちも起きるが、「構えができていて、他のことができない人はいない」とも言っていただき、構えによって攻めも受けも好循環になることを、攻防の中で自ら、そして先生の言葉からも実感することができた。
     自由スパー6ラウンドを終了し、構えを内発動ストレッチで復習してみる。腕は前上へ、頭は後下へ引き伸ばしを行うことで、ムエタイの構えにますます近づく感覚を得た。
     試合直前ながら、まだまだ多くのことを教えられ、学び、進化は続いていく。
    | 試合(M-ONE)に向けての練習 | 19:59 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE