<< 『ベルトリッチの分身』でベルナルド・ベルトリッチが喫した二つの敗北 | main | 朝食 >>
0
    トレーナー氏の指導により予定外の内容となり、最高のトレーニング
    大腿
     スクワットジャンプ16回+フロントランジ6.7キロ15回を2セット行ったところで、ランジのフォームと動作について、トレーナー氏から指導を受ける。
     後ろ足のかかとを高く上げ、足と床が直角になるように。
     踏み出すとき、膝を高く上げる。
     左右の足幅を空けない(閉足立ちの幅)
     後ろ脚の裏側を使って踏み出す
     これらの留意点を一気に修正して動くのだから、非常に難しい。
     20回を3セットほど行って、かなり疲労したところ、次へ。
     サイドランジ。
     バーを片手に持って行う。
     内転筋に効かせるとのことで、動作中は効いている感じがしなかったが、10回3セットを終わったとたん、内転筋に痛みがきた。
     さらには、ジャンピングランジを空中で直立し足を閉じて行ったり、台を使い両手をつけた姿勢からジャンプしたり、サイドランジでジャンプしたり、とバリエーションがどんどん拡がり、しかも連続動作なので、かなり消耗し、このへんに減量中の厳しさを感じる。
     ステップニーアップへ進むと、腕の振りを使ってジャンプする、と指導され、これは浮上だ、とわかり、カウの要領で膝を上げて浮き上がると「いいですね!」と誉められた。
     筋力を使わずに浮上をしたつもりだったが、回数を重ねると疲労が蓄積し、インターバルが長くなる。
     そうしているうちに、トレーナー氏がグループレッスンを行う時間となり、終了。
     予定外の内容となったが、こういう状況が最高のトレーニングになるのだ。


     ラットマシーンプルダウン33キロ8回3セット
     ラットマシーンプルダウンビハインドネックをパーシャル&フルレンジ法(8・8・8)で16キロ3セット
     プリーローを下部に効かせて21キロ8回2セット、25キロ8回2セット
     ラットマシーンワイドリバースグリッププルダウンをスタンディングで21キロ8回3セット

    上腕(二頭筋)
     バーベルカール20キロ12回
     バーベルチートカール30キロ4回2セット
     EZバー内側でプリーチャーカール9.5キロをパーシャル&フルレンジ法(8・8・8)3セット
     EZバー外側でプリーチャーカール9.5キロ12回3セット

    上腕(三頭筋)
     スミスマシーンでナローベンチプレス20キロ20回、40キロ8回2セット
     スミスマシーンでオーバーヘッドエクステンション20キロ8回3セット
     ダンベルオーバーヘッドエクステンション(両手に1つずつダンベルを持つ)7.9キロ8回3セット
     キックバック13キロ8回3セット

    下腿(前面)
     トゥレイズ3種各50回
    | ウェイトトレーニング | 14:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE