<< タクシー運転手と苦戦しながらMuaythai Mallへいざ! | main | タイでレッグガード購入その3(完結篇) >>
0
    タイでは、どんな状況でも肯定して受け入れる心の準備ができている

    Google地図に出ていた、通りからの写真。左の建物。写真にはありませんが、実際は、このシャッターに店の名前とロゴが入った布が張ってありました

     電話番号はわかっているので、運転手が電話をかけてくれるが、つながらないのか使われていないのか「ไม่ได้!(全然ダメだ!)」と言われてしまう。
     ラチャダーの大通りを横断して、いよいよ目的地近くの区画に入る。
     それぞれのソイが番号表示でなく名前がついていて、ひとつずつ解読していくのが、けっこう難儀する。
     しかも、大雨が振り出した。
     目標のソイが見つからないまま、行き止まりに来てしまう。
     Uターンして、また探すか?それをさせても運転手に気の毒だな、と考えていたら、運転手が雨の中を車から降りて近くの人に道を聞いてくれている。
     見た目はちょっと怖いのだが、実は親切な人なんだ、と感謝しながら車中で待ち、運転手が戻ってきて、今来た通りを戻ることにする。
     それでも見つからない。
     それらしき建物や看板もまったく見当たらないので、インターネット情報が当てにならないものだったのか、と納得するしかない、と思えてくる。
     しかし、運転手はモトサイ(バイクタクシー)の運転手を見つけ、また尋ねてくれた。
     モトサイの運転手なら、周辺地域を熟知している。今後は確実だろう。
     少し気を持ち直して、モトサイ運転手の指示してくれた方向へ向かうと…、果たして、あった!
     シャッターは下りているが、「Muaythai Mall」の文字とロゴが入った布が張ってある。
     辿り着くのは、かなり難しいだろうと予想していた通りだったが、何とか着いた。
     しかも、雨は小降りになっていて、天の助けを強く感じる。
     タクシー代は、124バーツ(1バーツは約3円)かかり、運転手がいろいろ聞いてくれたから、チップは50バーツあげよう、と思ったところ、渡した200バーツを「チップだ」と言って丸ごとポケットに収められてしまった。
     ま、30バーツ程度の差は仕方がない。
     さて、Muaythai Mallだが、1階のシャッターは下りている。ホームページには「ビルの赤いドアから入って2階」という案内があった。
     通りに面してはいない奥の方に、確かに赤い扉がある。
     そこを開けようとすると…、鍵がしまっている!
     ホームページには「年中無休」とあったが、今日は休みなのか?
     何とか辿り着いても、休業日とは…。ま、こんなこともあるか。
     タイなんだから、どんな状況でも肯定して受け入れる心の準備はできている。
    | ムエタイ用品 | 21:05 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE