<< 今週2周目となる胸・腹・腰・肩・前腕・ふくらはぎは「行き当たりばったり法」で実施 | main | ディアム、脱力の強調など、自分と一致する方針で、たいへんありがたい >>
0
    ブルース・リー師の主演作は、すべてが人類の永遠なる宝である

    ジャケットとレーベル。レーベルのデザインも素敵です


    日本初公開時の音声収録に魅かれて購入しました。
    エクストリームエディションは高額で手が出ませんが、890円は、たいへんありがたいです。

    思えば、日本初公開英語版は、小学生のときに映画館で一度見た限りで、以後のリバイバルで、このバージョンは上映されていませんでしたから、実に40年以上を経ての「再会」になります。
    怪鳥音が使われていなくても、この英語版に興奮をおぼえるのは、当時レコードで何度も聞いていたからなのでしょう。

    元々のフィルムがあまりきれいではないのだから、と期待していなかった画質ですが、たいへん鮮明で、ブルース・リー師の筋肉や肌、マリア・イーの涙などを満喫することができました。

    小学生のとき、ブルース・リー師の主演作は

    1位 燃えよドラゴン
    2位 ドラゴンへの道
    3位 ドラゴン怒りの鉄拳
    4位 ドラゴン危機一発
    ※小学生のとき、「死亡遊戯」は未完のままでした

    という序列をつけていました。
    しかし、そんな序列があまりにも横暴だったことを今、思い知って反省するばかりです。
    ブルース・リー師の主演作に序列などはなく、ブルース・リー師の姿がそこに保存されている限り、人類の永遠なる宝なのだ!と改めて認識させられています。
    「ドラゴン危機一発」! ありきたりな表現になりますが…、

    本当におもしろい!
    | ブルース・リー | 19:10 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE