<< 常に行う基本を管理・修正し続けていかねばならないことを思い知らされる(7月17日「相対軸プレセミナー」) | main | ミット連打で作りを大きく正確に行うと激しく疲労 >>
0
    スパーリング会を終えて、手の内を明かし合い心強い連帯感(7月17日「相対軸プレセミナー」ぁ


     2時間半にわたるセミナーを終了し、待望のスパーリング会。
     10人が参加し、1ラウンド1分で2周。さまざまなタイプの相手と戦えることが最高に楽しい。
     苦戦したのは伝統派の空手を中心に行っているという人で、間合いをとるのが速く、他の相手なら確実に入るローキックをかわされたのは驚きだった。
     フルコンタクト空手二段で孝真会へ出稽古に来ている100キロくらいある人からは、スパーの終了間際、後ろ回し蹴りを当てられた。かなり接近していて「まさか」の距離だった。終了後、その人が、前足の送りを使うのではなく、前脚の落下で蹴るんです、と教えてくれ、決めた技の種明かしを惜しげもなくしてくれる。私も同じことをいつもしているが、自分の手の内を明らかにすることで全体が向上し一巡して自分も向上していく。川嶋先生が行っている、理論や方法の公開もこれと同じで、考え方や行動の共通する人たちが集まるのだな、と心強い連帯感を味わうことができた。
     川嶋先生、ご指導に加え、撮影用の延長スパーまでしていただき、最高のときを過ごすことができました。最後になりましたが、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
     セミナーに参加された皆さん、ありがとうございました。機会がありましたら、ぜひまたご一緒したく切望しています。
    | セミナー | 17:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE