<< 川嶋佑氏が書籍とDVDで「落下して蹴るのではなく、落下しながら蹴る」「近づいて蹴るのではなく、間合いに入った位置から離れながら蹴る」といった要点を繰り返し強調していることを反芻しながら動く | main | ミット連打で重要な動きは、上体の超高速戻し!を発見して喜び勇んだが、いざ言葉にしてみると… >>
0
    腕立て伏せ4秒・1秒・1秒・0秒とダイアゴナルクロスプランク
     腕立て伏せを4秒・1秒・1秒・0秒で、15回、5回、5回、5回(インターバル10秒)。4秒・2秒・4秒・0秒より強度が低くなる分、回数を多くして補えた。
     ダイアゴナルクロスプランク右10秒3セット、左10秒3セット。右左とも1セット目は、姿勢を保つことが主になったが、2セット目からはフォームが安定し、効かせることができる。
    | 自重トレーニング | 11:35 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE