<< 休養の意図は消え失せ、通常の練習を楽しく行う | main | 大腿と背だけにする予定だったが、欲が出てしまい上腕も >>
0
    タイフェア演武は大成功、しかし今後の課題が浮き彫りに

    ミーダープを手に


    相手役を務めてくれた小林優憲さんと。演武の成功は、小林さんのおかげです。ありがとうございました!


    リハーサルでも、プララームカームシンコーがしっかり決まりました


    パープリアンフェントー。右肘と右膝の同時攻撃ですが、元々は武器術ですので、型の動きそのままで武器を操作できます


    型の最終技であるパーマーティーヌア。両肘同時突き上げ。ふたりの敵に拘束された状態などで有効です


    チャイヨー(バンザイ)しているのではありません(笑)。モーライトッケーという跳び膝蹴りにいくところです


    川嶋佑師範、山田編集長と。武道団体の長にして師範である川嶋師範のような方が見に来てくれるのは、最高の名誉です


     越谷レイクタウンのイオンレイクタウンにて、タイフェア演武。
     昨日は少し緊張が生じて、こうした状態になるものいい、とは思っていたが、日が明けると、予想通り、緊張はまったく消え失せ、リラックスして演武が楽しみになる。
     集合時間が、演武開始の1時間前なので、越谷レイクタウンの駅には、さらにその20分前に山田英司編集長と待ち合わせして、イオンレイクタウンの噴水広場を目指したが、さっぱり目的地がわからない。
     館内設置のフロアガイドなどを参照しながら歩いていると、「ここってさっき通ったよな?」という、森で迷った状況に陥り、わりと焦った。
     何とか辿り着いて、岡田敦子先生に挨拶をし、すぐ着替え、司会の方にアナウンス原稿を渡して説明をし、音響の方には用意した音楽を渡して説明。
     リングに上がってマットの状態を確認し(かなり滑るので片足立ちでは注意だ)、相手役の小林優憲氏と軽く合わせ、最後のプララームカームシンコーもしっかり決めて、リハーサルを終了すると、もう開始時間。
     この演武が自分にとって、どういう意味をなすのか?といったことを、前日までは、いろいろ考えていたが、あわただしい流れになったおかげで、かえって何も考えずに臨むことができた。
     まず、型のマイオンバーク。
     毎日行っている練習が、こうして観客の皆様に見てもらえることは、たいへんな名誉だ。
     課題だった発声は、練習していたよりも、ずっと大きくできる。しかし、ものすごい強風で、風の音がうるさく、聞こえにくかった、と後から山田編集長に聞かされた。
     小林氏との対人演武も順調に進行し、ひとつのミスもなく終了して、大成功を自負しながら絶大な達成感に浸ることができた。
     しかし、山田編集長自らに撮影したもらった動画を後で見ると、スピード、脱力、間(ま)など、日々の練習であれだけ注意して行っていた事々が、まだまだ自分で見ても物足りないレベルにしか達していないことがわかる。
     演武自体は「大成功」と胸を晴れる思いだが、最も核となる修練において、あまりの未達ぶりが露呈され、今後の課題が浮き彫りとなった。
    | 演武 | 23:32 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE