<< 相対軸を使う基本の数をもっと増やしたい | main | 100レップ法は地獄の苦しみ「せめて、あと1セット」の思いを持続して100を突破 >>
0
    「巌流島」記者会見で林悦道先生と横山雅始先生が大活躍!

    最前列の左から3人目が、私をずっとにらみ続けていたバル・ハーン氏。デカイ!


     1月28日(木)の「巌流島」http://ganryujima.jp/記者会見は、すでに様々なところで報じられていますが、林悦道先生と横山雅始先生が登場され、谷川貞治氏を巻き込んだ林先生の喧嘩術演武や、横山先生の甲冑合戦演武が驚嘆の声をもって会見の席を沸かせ、「林悦道劇場」「横山雅始劇場」という様相を呈してしまい、林先生と横山先生の著作やDVDを世に出してきた身内みたいなフル・コムとしては、誇らしい場となりました。
     個人的な思い出としては、3月25日の「巌流島 Starting over 公開検証 3」に出場するモンゴル相撲の巨漢バル・ハーン氏が、控え室で私をじっとにらみ続けていたことです。
     真意のほどはわかりませんが、対戦相手だとでも勘違いしてくれたのなら、たいへん名誉です。
    | 演武 | 21:45 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE