<< 第3話 乏しい情報から作戦を練る | main | 第5話 フィニッシュはハイキックでKO勝ち! >>
0
    第4話 左の足技だけで攻める
     戦法は、こうだ。
     ポン(両手差し封じ)しながらのティープサーイ(リードレッグである左足裏での押さえ)を定期的に放って相手の出鼻を封じる。
     試合の経過に連れて互いの距離が近づいてくるので、そこからはポンしてテッサーイ(左ミドル)を放ち相手の両腕をつぶす。
     右の攻撃、特にマッ(パンチ)を出してしまうと、相手もマッで応戦し、9割がたは殴り合いにもつれ込んでしまう。
     この展開は絶対に避けねばならない。
     軽い打撃が連続して顔面に当たっていれば、確実に脳細胞が死んでいく。
     その数は驚異的だ。
     ヘッドギアは、表面的な傷の防止にはなるが、脳へのダメージは防ぎきれない。
     マッ、特に右は絶対に出さないように厳禁し、ティープとテッの足技だけに攻撃を絞った。
     ポンで顔面を確実に守りながら、前足のティープサーイ。
     相手が右で攻撃してくるなら、マッでもテッでも、必ず上体が正面を向く瞬間が生じる。
     ティープを出し続けていれば、そこへカウンターで当たる確率が高くなる。
     カウンターでなくても、自分から先に出す形で当たってもいいし、当たらなくても、常に自分が先に動くことにより、主導権を掌握して空間を支配することができる。
     試合が進めば、自ずと両者の距離は縮まるので、そうしたら、ポンを守りではなく崩しの積極策に変え、そからテッサーイ。
     当初はスイッチしてテッサーイを出すようにしていたが、右足を前に踏み込む方がやりやすそうだったので、ポンしながら右足を踏み込み、左足をリアレッグとして、より強力なテッサーイを放てるように修正した。
    | 試合 | 16:02 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE