<< 胸と肩は延長セット中心で | main | 対人演武は決め技に至るまでの自由度が高く創造の喜びが大きい >>
0
    古式ムエタイの演武を有志で練習し、動作と意志の統一で確かな進展
     昼食を摂って徒歩で移動。15分もかからずに第2練習場に到着する。
     古式ムエタイの演武を有志で練習。
     基本型に始まり、各自で納得のいかない点があれば、すぐに最初から反復。回数は記憶していないが、かなり反復した。
     引き続き、メーマイとムエコチャサン。特にムエコチャサンは、修正や意志統一などを各技ずつ入念に行う。おかげで、自分の中で崩れの生じる箇所などの修正が大いに進んだ。
     基本型・メーマイ・ムエコチャサンで、ほとんど休憩を入れずに約1時間を費やす。
     続いて試合形式のエキシビジョンについて、相手の人とまずは軽いスパーリングで互いの技術体系や使用頻度の高い技を確認。攻防の展開を、実際に技を出しながら積み重ねていき、おおまかな流れを決定。今回は第1ラウンドのゴングまで。第2ラウンドの展開をどうするか? これは次の練習会までの楽しい課題だ。
     再び全員が集合して、ムエコチャサンを数回通して確認し、時間枠のぎりぎり5分前まで粘って全体の練習を終了する。それゆえ、着替えは途中までで退出し、外に出て済ませる、というあわただしさだった。
     今回の練習会で、団体演武の動作と意志の統一はかなり進展した。ここから、さらに精度を高めて、与えられた期限内で最高の状態に仕上げることを目指す。
    | 古式ムエタイ | 15:04 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE