<< テンカオで肘を破壊!我ながら感動した | main | ヒザの基本が、倒せるテンカオなどにつながっているのだと思うと、自然に集中できる >>
0
    右手のみのスパーで、刃物を持ったイメージで行うと、たいへん勉強になった
     高校生や中学生たちには、それぞれの問題点を指摘しながら逐一アドバイス。
     両足と左手が使えない中学生がいて、その子とは、右手のみでスパー。刃物を持っていることをイメージしよう、と言って動き始めると、緊張感が急激に高まり、動きが速くなって、上から押さえて粘りつく動きが生まれた。あるラウンドでは、いきなり右手の甲を互いに触れ合わせた搭手から始まるほどだった。昨日、渡邊一久先生の取材をさせていただいたが、そこで紹介された対ナイフの技術は、手刀側と小指を絡ませて流すと同時に踏み込んで突く、というものだったが、その通りの動きが使えた。こうした練習法を取り入れるのもたいへん勉強になる。
     終了後、空手の約束組手に参加し、動きの確認と、相手となった中学生へのアドバイスをする。
    JUGEMテーマ:スポーツ




    敵の刃物を手刀側と小指を絡ませて流すと同時に



    踏み込んで、流した手で突く。練習では顔面ではなく、中段を突いたが、この動きがきれいに入った。
    | 空手 | 16:46 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE