<< 型は、技自体の速さと技から構え(前腕回転)へつなぐ速さを徹底。動きが確実に変わってきていることが実感できる | main | 型の模範演武を見ると、前回と印象が逆。どう解釈すべきか? >>
0
    第二回巨椋修生誕祭に参「戦」記
     2月10日(日)夕方から、中野のルナベースにて、「第二回巨椋修生誕祭」に参「戦」。
     料理やお酒の買出しや、プロジェクターの設定をしてくださった方々、ありがとうございました。
     巨椋氏の投稿した写真は、あんな風ですが、あくまでも写真に撮るときのポーズで、ずっとあんな格好だったわけではありません。https://www.facebook.com/yasuhisa.nozawa#!/photo.php?fbid=414435715309592&set=a.330444593708705.82261.100002295002342&type=1&theater¬if_t=close_friend_activity
     昨年12月の上地流東京大会をプロジェクターに映し出して「観戦」し、組み技系、総合系の方々から積極的な意見をいただき、「参戦」を前提とした論議を展開することができたのは楽しかった。
     その後、練習風景などを見てから、「殺人空手」の上映が始まり、さすがにこれを許容する包容力を持ち合わせていない私は、途中退出する絶好の機会とばかりに、おいとまさせていただいたのでした。
    | 合同練習 | 14:38 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE