<< KO養成サンドバッグ | main | 右手伸ばし押さえで外から肩を崩そうとして苦戦 >>
0
    蹴りをテーマに練習
     撮影終了後、蹴りをテーマに練習。
     この練習に参加させてもらう。
     まずは、蹴りを360度振り切る動きを行い、その感覚で構えから蹴る。二重作Drの蹴りをミットで受けさせたもらったが、振り切るイメージを使って蹴ると、蹴りが明らかに重くなるから驚きだ。振り切るイメージだと速くなるのだとばかり思っていた。
     次に、相手に背を向けるくらいに、重心を後ろ足に移しての蹴り。これによって、大きな動作と体重移動をつかみ、そのイメージを使って小さな動きで蹴る。
     格闘技医学会の方にミットを持ってもらい、ミドルを蹴らせてもらったが、蹴る意識が先行してしまい、純粋に回転して蹴りを「放る」動きができないことがあり、そのつど指摘してもらえた。
     続いて、脚と骨の構造を知ることによってのローキック、さらんは山本健策氏の膝蹴り・前蹴りなど、多岐にわたる蹴りを実際に動きながら試し、大いに楽しく、役立つ練習となった。
    JUGEMテーマ:スポーツ


    | 合同練習 | 15:51 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE