<< 目をつむっての中足立ちスクワットがきつい! | main | 前手伸ばし押さえではアッパーへの対処をイメージ >>
0
    ついにアッパーをもらう
     空手スパー6人を相手に1分3周。1分なので、相手の攻撃を待っていては、あまり動かないまま終わってしまう。子供を相手にしながら、技をたくさん出させるため「技を10種類出せ!」と言い、自分でも実践してみる。おとなを相手にしても、これを行うと間断なく動き続けることができた。狙うのではなく、当たらなくてもいいから技を出す。その重要性は、わかっているつもりなのだが、なかなか実行できない。こうした入り口を作って取り組むことは効果的だ。
     いつもより30分早く終了させねばならなくなり、顔面パンチは2人を相手に2分1周。1ラウンド目には、終盤にアッパーをもらってしまった。前手伸ばし押さえにとって最大の敵はアッパー。わかりきっていたことながら、ついにもらってしまう。相手が入ってきた瞬間、この間合になったから中断、と構えを解いたことが最大の原因か。左手の位置調整によって十分受けることができるのだが、意識が甘かった。今後、絶対に対処できるようにしよう。ラストは、挽回をすべく攻撃を出し続けて終了。
     2ラウンド目の相手は、今月末に審査会があるため顔面なしでお願いします、となってしまう。主旨に反することだが、審査会が控えているのでは仕方がない。付き合おう。相手は左右ストレート連打のラッシュをしかけてきて、こんな攻防をしていてはいけない、と思いつつも、受けに回るわけにはいかないので、左右へ位置を変えながら左右のロー、さらには左右の下突きで応戦する。顔面パンチ用に6オンスのグローブを着けているので、パンチでの返しは厳しい。しかし、これらの返しにより、こちらのペースに持ち込んで終了することができた。ピンチに陥った状況で、気持ちの切り換えを状況の逆転へと転化させるという経験を得る。
    JUGEMテーマ:スポーツ


    | 空手 | 15:29 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE