0
    マッのみでもミットを行ってもらえるありがたさ
     タイヤから開始。
     リングでヤーンカウ3ラウンド。かなり自然な感じで動けるようになってきた。インターバルなしで3ラウンド行っても、まったく疲労がない。
     シャドーでカウサーイ4ラウンド、マットロン各種1ラウンド、テッサーイ2ラウンド。10ラウンド行うと、十分な調整ができた感じがある。
     サンドバッグで、マットロンクワー1ラウンド、マッタワットクワー1ラウンド、カウサーイ1ラウンド。
     ウィラサクレック会長が「野沢は痛風で蹴りができなくても、パンチだけでミットをやれ」との指示を出してくれて、ドン先生によるマッのみのミット。マットロンのみだったが、課題の踏み込みと浮上を最後まで続けることができた。マッのみでもミットの対応をしてもらえるありがたさをかみしめる。
     サンドバッグに戻り、カウクワー1ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:17 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      2週連続の会長ミットは、力んでしまうが、全体的には良い内容となった
       完全にコロナ前の日曜に戻った。
       ジム内では2人がロープ中なので、外でタイヤ。手首と肘は1ラウンドしかもたず、以後の2ラウンドは肩に専念し、十分な準備となる。
       中に入って隅でヤーンカウ1ラウンド。隅のスペースも狭くなってきたので、入口に移動してマッ各種1ラウンド。
       バンテージを巻き、ミットの順番を待つ意味で、サンドバッグを始め、カウが良い感じでバッグに入り込んで1ラウンド。2ラウンド目の途中で、ウィラサクレック会長から直々に呼んでいただき、先週に続いて名誉の会長ミット。
       指示に従うのではなく「試合のつもりで」攻撃を出させてもらうが、指示に従うより難しい。
       会長から教えられた「半分・チャー」が実行できず、力んだまま。
       しかし、昨日の動画で課題としていた相対軸踏み込みは、4ラウンドの最後まで実行し続けることができた。
       踏み込みのおかげで、テッやカウにも良い影響が及ぶ。
       力みの点を除けば、良い内容だったと思う。
       サンドバッグでマックワー1ラウンド、カウ1ラウンド。
       マッの攻撃のみスパー3ラウンド。
       本拳は、あまり使うことができなかったが、マッンガトーンは、先週に引き続いて有効に当てることができた。トーン攻撃を、もっと磨いていこう。
       ジム内は、さらに人が増えてきたので、シャドーは行わずに退散。
      | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:05 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        疲労が出ると、足が出なくなる欠点が発覚
         タイヤから開始し、各部位運動を併用。
         ヤーンカウ1ラウンドで、バンテージ着用の指示。
         サンドバッグでマットロンクワー1ラウンド。
         ミットはウー先生。全体を通して、少しずつ落下ができてきた感じがする。しかし、まだまだ不十分。もっと大きく!
         左指の痛みはあるが、テッサーイを普通に蹴り込み、痛みを消すようにする。
         久しぶりに動画を撮影し、後で確認すると、1・2ラウンドでは、マックワーで右足が前に出ていたが、3ラウンドでは、右足が出なくなっている、と指摘される。疲れが、そんなところに出るのか。自分では、まったくわからなかった。明日は、修正の良い機会となる。
         サンドバッグでマッンガトーン2ラウンド。
         マッ攻撃のみスパー3ラウンド。本拳の動きは自然に出なかったが、多用したマッンガは当たるようになってきた。実用化は近いか?
         サンドバッグでカウサーイ3ラウンド、カウクワー3ラウンド。踏み込みで落下、そこから急激に浮上することを目指す。いずれも2ラウンド終盤で前後もたれかかりが出るようになって、3ラウンドに至る。
         サンドバッグでテッタンクワー1ラウンド。昨日と同じく、後ろ肩先導によって相対軸化する。
        | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 17:58 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          落下と肘先導で好調を実感
           練習と撮影の二本立て。
           ウィラサクレック会長の誕生日なので、途中の洋菓子店でお祝いを買い、荷物が増えるが、苦にはならなかった。
           日曜と一転して、人は少ない。
           まずはウィラサクレック会長に、誕生日をお祝い。
           外に出て、タイヤから。
           中に戻ってヤーンカウ1ラウンド、カウ1ラウンドのみで、バンテージを促され、バンテージを巻き、シャツを着て、網マスクを着用し、完全装備。
           サンドバッグでアップ1ラウンド。
           ミットはドン先生。
           すべての技で落下を試み、効果が顕れ始める。
           カウは、肘先導によって、動きやすくなる。
           「実に調子がいい! 欲を出して動いてもいい」と思えて、力むのではないが、気持ちが高まった。
           ラストは10連打を左右。
           約2ヶ月ぶりくらいの10連打ゆえか、少し低下があったが、ひどい疲労はなく、もう何セットか指示されても前向きに応じられる、という気がした。
           サンドバッグでマックワー2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、カウ2ラウンド、トイトーン2ラウンド。
           暑いので、シャドーはクールダウンとしてカウ1ラウンドを行うつもりだったが、
           構えの腕を動かさずに大腿上げ→着地して肘先導・肩甲骨と骨盤の逆行ができるようになり、カウが鋭く、しかも出しやすくなり、クールダウンの域を超えたシャドーとなってしまった。
          | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 18:41 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            1週間を空けてジム練習は不本意な内容に
             1週間の工事を終えて、やっとジム再開。
             この間に修正・改善してきた成果を出そう!と意気込んでしまうと、力みにつながるので、特に考えることなく、ジム入り。
             非常事態宣言の期間と違って、在宅勤務の人たちが来なくなり、通常の平日昼に戻った。
             余裕でロープから。網マスク着用で、呼吸は問題なし、と思っていたら、2ラウンド目から苦しくなってきた。これは、ミットにも影響するかも知れない、とにわかに恐怖が募る。
             ヤーンカウ2ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
             ミットはウー先生。
             マッは、以前と同じく焦りがあって、大きな動作ができない。
             テッは、単発も連打も浅い。
             カウだけは、大腿上げなど課題の動作が少し実感できた気がする。
             ところが、ロープで予感があった通り、1ラウンド目から、呼吸が苦しく、久しぶりに内臓疲労も感じる。
             2ラウンド目からは、力が抜けて水化できると思っていたが、動きの低下を感じるほどで、好転しないまま、3ラウンドを終える。
             1週間空けたためか、断食を行ったためか、理由は明確でないが、全体的に、不本意な内容だった。
             サンドバッグでマットロン1ラウンド。これは威力を感じる。
             サンドバッグでマッタワットトーン1ラウンド。
             サンドバッグでテッサーイ1ラウンド、カウ2ラウンド、トイトーン1ラウンド。
             ラウンド間には、腕立て10回。
             シャドーでカウ1ラウンド、ヤーンカウ1ラウンド。
            | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:17 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              ミットにおける課題の克服は30%程度だが、上出来だ
               動作の課題が多く、どうしても頭に浮かんでくるが、あえて考えないようにし、平常心を保ったまま、ジムへ向かうことができる。
               また少し人数が増えたが、ロープのスペースはあり、網マスク着用で、順調に行う。しかし、速度は140程度。
               シャドーで肩先導1ラウンド、肩先導のマッ2ラウンド、カウ1ラウンド。
               サンドバッグ1ラウンド。
               ミットはウー先生。
               もっと「ゆっくり」動作を大きく、の課題は、まだ実行できていない。
               テッは、単発でも連打でも浮上の感じが良くなった。もっと力を抜きたい。
               カウは、前回の反省を踏まえ、1回ごとに間合いをとることができた。
               課題の克服は、30パーセント程度か? 上出来だろう。
               サンドバッグでマットロンクワー1ラウンド、マッタワットクワー1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、カウ1ラウンド、トイトーン2ラウンド。
              | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 18:33 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                ミットで後ろ肩先導を指導され威力が向上
                 練習に専念できる日だ。電車に乗る前、昨日の肩甲骨発動について確認していたら、こうして考えているから不安になるのだ、と考えるのを中止する。我ながら、良い状態だ。
                 ジムは少し人が戻ってきたが、以前の日曜ほどの人数ではない。
                 シャドーから開始し、後ろ肩先導のマッ2ラウンド、カウ2ラウンド。
                 サンドバッグはアップで1ラウンド。
                 ミットはウー先生。今日は2ラウンドのみ、と言われる。
                 意外にも、後ろ肩先導を指導された。「腕が横に流れている」との指摘。横に流れると中心軸の回転運動になってしまう。顔面をガードする形で前へ大きく出す。これが理想的な後ろ肩先導だ。これによって、マットロンクワーもマッタワットクワーも強力になり、先生の反応が良かった。
                 後ろ肩先導は、他の技にも波及して、カウの伸びが良く、これも先生から高評価。
                 しかし、テッには活用できず、連打は浅くなってしまった。
                 サンドバッグで、後ろ肩先導のマッを復習して2ラウンド、テッも後ろ肩先導を使って2ラウンド、カウ2ラウンド、トイトーンサーイ2ラウンド。
                 サンドバッグは合計10ラウンドに達したので、シャドーは行わずにしゅうりょう終了。
                | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:04 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  ミットはテッタンが多く、ソークの指導も
                   シャドーから開始。
                   後ろ肩先導のマッ各種2ラウンド、カウ1ラウンド。
                   サンドバッグ1ラウンド。
                   ミットはウー先生。
                   後ろ肩先導は、より動きやすくなった。
                   今回は、なぜかテッタンが多く、良い感じで蹴ることができ、先生の反応も良かった。
                   テッカーンは、単発は浮上など良好だったが、連打はまた浅くなり、改めて修正が必要となった。
                   カウは、先生にも好評。
                   ソークは、ガードを詳しく指導された。
                   サンドバッグでソークの復習2ラウンド。
                   テッサーイ3ラウンド。2ラウンドの後半から後ろ肩先導が有効に機能して、全体の落下から浮上が良くなった。
                   カウ2ラウンド。膝の痛みは生じず、体重の乗る感覚が少し理解できる。
                   シャドーで、後ろ肩先導の歩法を、前後の歩幅を最大にして2ラウンド。
                  | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 21:04 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    ミットは力みが生じず、後ろ肩先導が少しできるようになってきた
                     フロアは、入会者の指導中なので、リングに上がってシャドーから。
                     後ろ肩先導のマットロンクワー3種を各1ラウンド、カウ1ラウンド。
                     サンドバッグ1ラウンド。
                     ミットはウー先生。
                     1ラウンド目から、力まずに動ける。後ろ肩先導が少し実行できるようになってきた。
                     全体的に良好の感がある。
                     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、カウ1ラウンド。
                     シャドーでカウ2ラウンド。
                    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 20:57 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      ミットでは、後ろ肩先導のマッが実行しにくい
                       昨日は盛況だったので、日曜の今日も、人は多いだろうと思っていたら、平日以下に減ってしまった。
                       生徒でなく、先生がフロアでトレーニングをしているので、邪魔をしないように、リングへ上がってシャドーから。後ろ肩先導のマッを3種の歩法で各1ラウンド、カウ1ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
                       ミットはウー先生。後ろ肩先導のマッは、前回と同じくラウンドの序盤だけ実行できる。もっと頻度を高めよう。マッンガ2連打は、大きく動きたかったが、速く2発目を構えらえるので、腕使用の小さい動きになってしまう。
                       テッは、横入れが実行できた。
                       網マスクは、かなり慣れて、違和感が、ほぼ消える。もちろん、呼吸に支障はない。
                       サンドバッグで後ろ肩先導のマッ2ラウンド、後ろ肩先導のテッサーイ2ラウンド。
                       シャドーでカウ3ラウンド。
                      | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 19:43 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE