0
    ミット10連打は、横結合と「見ない」ことで威力が高まり、昨日の不調を払拭
     昨日のようなミット内容は許されない、と心に決めつつ、テッの膝高や軌道の課題を胸に、ジム入り。
     雨なので、外でのタイヤは行わず、ロープを再開するが、1分も続かずに中断。なぜだ? 感覚が狂ってしまったのか? 途中でやめておこうかとも思ったが、3ラウンド続けるうちに、右手の角度が変わっていることに気づき、やっと修正することができた。気温が高くなり、汗がすごい。
     シャドー3、サンドバッグ2で、ミットへ。昨日と同じくドン先生で、テッの膝高と軌道は実行できている気はするのだが、やはり威力を感じられず、焦りが募る。
     昨日は、肩や腕に力みが生じてしまったが、今日は足に力みがあり、歩法が狂った。脱力して修正する。
     連打は5が多く、横結合を意識できる。3ラウンドを終えて、延長の10連打開始。左、右、左、左。昨日は焦りと力みで低下したが、今日は横結合と「見ない」を実行すると、威力が高まった。これだ! 最後の左10連打2セットは、2セット目で、さすがに疲労が高まり、終了後、座り込むほどだった。
     サンドバッグで復習。マッ1ラウンド、テッ5ラウンド。軌道が、だいぶ自然にできるようになってきた。
     シャドー1ラウンドで各身体操作を確認して終了。
     昨日の低下を脱することができ、少し良い気分だ。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:02 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      ミットでマッは力みなく強打ができるが、テッは腕の落下を忘れてしまい会心の打撃にならない
       昨日、故障箇所で軽く蹴ると威力が上がったので、今日は正常箇所でも実行してみよう、との意気込みでジム入り。
       一番乗りで、ロープ。9分割方は、各ラウンドとも0.5秒の誤差だった。
       シャドーは、久々にジョーラケーから入り、足の具合を見るが、普通に動けて、ティープ、テッ、カウ、マッへ進み4ラウンド。サンドバッグ1ラウンド。
       ミットはウー先生。マッは、シャドーで逆ひねりを確認しておいたおかげか、脱力しながらの無反動化ができ、強力。連打やコンビネーションが続いても、力まずに動き続けることができた。
       テッは、前足の開きは意識できたが、腕の落下を忘れてしまって会心の打撃がなかった。連打は、腕の動きが少しでき、速さだけは維持できた。
       サンドバッグでマッとテッの復習2ラウンド。位置取りからのテッ2ラウンド、位置取りからのマッとテッ1ラウンド。
       ウォールクランチ12回3セット。
       シャドーでドゥンなど上体の動きを1ラウンド、上体の動きを中心に8の字1ラウンド。
      | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:59 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        故障している部位の方が強く攻撃できる?
         春休みで、子どもが多く来るだろうから、彼らのリラックスを学ぼう、人数が多ければロープは省略か?と思いながら、ジム入り。
         確かに子どもは来ているが、人数は少なく、ロープから開始。シャドー3ラウンド、サンドバッグ2ラウンド。
         ミットはドン先生。かなり落ち着いて力みがとれ、集中できた。
         マットロンクワーの落下が実行できるが、上体が少し流れる。頭の位置を前に移動させずに腕を無反動化しなければならない。
         テッは、上体後傾と「見ない」ことが成功すると、威力が高まる。
         連打も見ないことによって速さと威力を維持できた。
         右足首に痛みがあり、連打に支障があったものの、後半は気にせずに蹴った。右の蹴りは軽く、と思って蹴ったら、かえって威力が高まる。連打も右の方が威力を感じた。故障があるところで攻撃すると、強くなるということか?
         延長の左10連打2セット、右10連打2セットで消耗し、最後のカウが低下した。連打直後の回復も今後の課題となる。
         ミットの終了直後に、号令サンドバッグ右30、左30、右20、左20。最初のセットは、さすがに動きが遅かったが、2セット目から回復。
         サンドバッグでテッ1ラウンド、テッ2ラウンド。
         プッシュアップ8、4、3、3。
         シャドー1でクールダウン。
        | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:44 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          ミットは全体的に力みが生じて疲労
           ロープから開始。途中、ドン先生から話しかけられたので、4ラウンド行う。
           シャドーは入念に5ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
           ミットはウー先生。マッ、テッともラウンドの序盤は会心の打撃なのだが、次第に力みが生じた。脱力し続けることが課題となる。
           連打は5までで、昨日よりは腕の動きが良くなり、スピードが向上。腕の動きをもっと改善していこう。
           全体的に力みが続いたため、疲労が大きく、3ラウンドで終了し、4ラウンドに進まなかったことで「助かった」と思えてしまう。
           サンドバッグでテッ1、マッ4。
           クランチ10回2セット、クロスオーバー左右各100回。
           シャドーで舒筋。
          | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 18:19 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            ミット練習における反撃で大きな教えを授かる
             日曜のリラックスには及ばないが、かなり落ち着いてジム入りし、ロープから開始。シャドーは「適当に」3ラウンド、サンドバッグ2ラウンドで無反動化や脱力を確認。
             ミットはタオ先生で、今回が初めて。緊張は避けられないと思ったが、案の定、緊張から力みが生じて不正確な攻撃を連発した。しかし、外発動による疲労が、かえってリラックスにつながり、2ラウンド目からは呼吸の乱れがなく、かなり集中度を高めることができた。課題の連打は5までで、腕の動きにも少し向上が見られ、前進を感じる。
             このミットで最大の恩恵は、先生の攻撃だった。顔をスッと近づけてテッを出されると、よけられない。これは後になって気づいたことで、序盤はテッがまったく見えないうちに入れられていた。顔の位置を前に出さないことを徹底して練習していたが、逆に出すことによってフェイントになり、中段への攻撃が入りやすくなる。入り方の大きな手本となった。
             サンドバッグでマッの復習2ラウンド、テッはディアムでの腕下げなどを意識して威力を向上させることができた(4ラウンド)。
             学校が春休みになったので、子どもが多く、日曜なみの混雑になっているため、シャドー2で舒筋して終了。
            | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:29 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              見ない蹴りは、横の結合につながる
               昨日、効果を実感した「見ない」蹴りで、今日は腕の動きと脱力を促すことが課題。
               ロープを好調に行い、シャドー3、サンドバッグ2で、見ないで攻める動きを練習。
               ミットはドン先生。昨日より、単発が多く、冷静に「見ないで」攻撃を出すことができる。特に、マッの落下と寄せの実行が多くなった。
               しかし、後半からは10連打の連続。昨日と同じく見ないで蹴ると、やはり速く蹴れて、疲労度は低い。しかし、途中、前の結合に流れることがあり、これは前を見てしまっていることなり、ミットを見ないことは横の結合につながる利点を確認できた。
               課題となっていた腕の動きと脱力は、まったく意識できないまま終わってしまった。明日に持ち越しだ。
               ミットは4ラウンドに及び、10連打の1セットだけ前の結合になった以外は、大きな破綻なく終了。しかし、疲れた。まだ力みが残っているということだ。
               サンドバッグでマッを確認1ラウンド、見ないテッを4ラウンド。
               クランチ10回3セット、リバースクランチをパーシャル下側で10回。
               シャドー2で舒筋。
              | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:32 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                ミットを見ないことにより連打で脱力
                 ロープに始まり、シャドー2、サンドバッグ1。課題は、蹴りの戻し、攻撃対象を見ない、の2点。
                 ミットはドン先生。1ラウンド目の序盤で2連打を指示され、ミットを見ずに行ったら、速く軽く蹴ることができ、そのまま2連打を5回連続。速度も威力も低下することなく、まだまだいける感じがした。
                 ドン先生は、この時点で連打の手ごたえを得たようで、以後は3連打、4連打と増えていき、いずれもミットを見ずに蹴ることで、自分でも意外なほど速く蹴ることができた。
                 2ラウンド目に入ると、10連打開始。ここでも、ミットを見ないことによって速く強く蹴ることができ、10連打を3セットくらい続け、低下がなかった。
                 以後は10連打の嵐で、3ラウンド目も10連打が続く。連打の途中で疲労を感じても、横を向くことで速さを回復することができる。しかし、連打を終えた後に、どっと疲れが出た。得意のカウが低下する状況に陥りながら終了。
                 格闘研究塾での指導によって、明らかに効果が生じた。今回は脚の脱力はできたが、腕の動きと脱力が不十分だったので、明日は、それらを課題として取り組もう。
                 サンドバッグでマッ1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー1ラウンド、位置取りからのテッサーイ2ラウンド。
                 プッシュアップ8、3、3、5。
                 シャドー2で舒筋。
                | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:45 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  9分割法でとらえ、修正に専念
                   ムエタイ4連戦は、後半2日間に入る。…そう思った直後「いや、ラスト30秒だ」と思い直す。9分割法では、残り半分はラスト30秒ととらえる。もはや先のことを考えずに突っ走ろう。
                   しかし、身体操作については細心に。問題点が明確になっているため、新しい身体操作を加えるのではなく、修正のみに専念する。そう考えると、精神的に楽になった。
                   ロープに始まり、シャドー3、サンドバッグ1で、ミットはドン先生。連打で結合が横に流れてきて、良い傾向になった。ラストの10連打2セットで、ひどい低下はなし。少し好転した感じがする。
                   サンドバッグ6で、昨日、分析した武尊氏式のインローを行ったら、頭の位置と踏み込みの関係が明確になったので、テッカーンにも摘要。これは良い感触だ。
                   クランチ20、クロスオーバー左右各10、レッグレイズ1。
                   シャドー2で舒筋。
                  | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 17:29 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    ミットのテンカウはボディプロテクターへ当てる方式で行う
                     ミットはドン先生。落ち着いて攻撃し、強打を維持できる。
                     テンカウは、ボディプロテクターへ当てる方式で指示される。これによって、伸びが高まるか?
                     3ラウンド終了後の延長で左10連打2セット、右10連打2セットで、かなり消耗。しかし、結合は横へ移せて、速度の低下はなかった。
                     クランチ40、15、15。
                    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:37 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      テッは2連打で腕と大腿の外発動に頼ってしまい、新たな課題
                       日曜の失態があるためか、ジム入りを前に不安がある。しかし、近づくに連れ、無心になっていく。
                       ロープに始まり、いきなり膝の痛みを感じるが、終えるころには痛みが消えていた。そう、ムエタイの練習をすれば、さまざまな症状が消える。
                       シャドーは試合想定で3ラウンド。サンドバッグ1ラウンド。
                       ミットはウー先生。マッはクワーの落下、サーイの寄せとも実行でき、強力。その分、ンガなどが相対的に弱い感じがする。
                       テッはクワーの感触が良くない。
                       連打は2までで、腕の振り、大腿四頭筋の外発動に頼ってしまう。5連打ならば、修正できたのでは? 2連打で正しい動きができるようにすることが、5連打や10連打の向上につながる。ミットは4ラウンド行ってもらえて、精神的には救われた。
                       サンドバッグでマッの復習3ラウンド、テッ2ラウンド。
                       クランチ100、クロスオーバーツイスト左右各50。
                       シャドー2ラウンドで舒筋。
                      | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 21:51 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE