0
    BUDO-STATIONでの土曜日格闘研究塾は次々に展開される理論と実演で高密度な空間と化す
     BUDO-STATIONに場所を移し、川嶋佑先生の土曜日格闘研究塾が開催されました。
     参加者の質問に応じて、左右の動き(逃避術など)、がっぷり四つからの崩し、アッパーなどを解説していただきした。
     いずれの技においても、内発動理論による身体操作が前提となります。
     多くの技で重要な要素となり、新刊「THE内発動」でも主要項目を構成した「骨の無反動化」は、理解の手段として立ち方や指の無反動化を行い、手の指の無反動化は、足の指へ応用され、足先蹴りの実用へ発展していきました。
     崩しにおいては、体眼の解説と実演をしていただき、使用する技や局面に応じての上丹田・中丹田・下丹田の使い分け、体眼を習得するための顔面システマ、推手ボクシングなどを指導されました。
     アッパーでは肩甲骨発動やシーソー、ロングのボディフックでは後ろの結合など、やはり内発動の身体操作を理解・実践することを通して個々の技を習得していきました。
     参加者の皆さんは、川嶋先生の書籍を通して内発動理論を理解してくれているため、「引き伸ばし」や「落下」などの共通言語を介し、すぐに話が通じて、川嶋先生も解説がスムーズに進んだようです。
     2時間という時間枠は、生涯武道の追求という観点からは、あまりにも短い時間なのでしょうが、たった2時間の中でも、極めて濃密な収穫と進展がありました。
    | 土曜日格闘研究塾 | 15:30 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      ナイハンチ横移動の難しさを痛感
       孝真会にて、土曜日格闘研究塾。
       今日の参加は私一人。
       ナイハンチの横移動で脚の無反動化を練習。これが難しい。本を編集して、わかった気になっていたが、自分でできるか?となると、とんでもない。しかし、練習していくうちに、川嶋先生から「落下」の言葉をもらうと、少し動きが近づいた。
       川嶋先生考案の推手ボクシングは、開眼で始まり、閉眼でも行い、いい感触を得る。
       続いて顔面システマ。一方が顔を攻撃して、それを流すところから始まり、返しを加え、最後は閉眼。顔面パンチに対する感覚を養える。
       私からの質問は、ティープにおける上体の脱力。マッの攻防を意識し、その形を保ったまま足を出すと、相手に悟られにくく決まりやすい、と教えられる。
       スパーは一対一で2分3ラウンド。川嶋先生のパンチに対して、前手にも後ろ手にもテッサーイをカウンターで決めることができ、好感触。しかし、川嶋先生は中丹田体眼でこちらをとらえ「やりやすくなった」との答え。延長で、もう1ラウンド、私が中丹田体眼にして動いてみると、確かに相手の全体像はとらえやすくなるが、ビーコートの連動はしにくくなると感じられた。
       終了後、ナンバ歩きの写真を追加撮影。
      | 土曜日格闘研究塾 | 20:21 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        土曜日格闘研究塾に初参加
         孝真会にて、土曜日格闘研究塾。
         今日の参加は私一人。
         ナイハンチの横移動で脚の無反動化を練習。これが難しい。本を編集して、わかった気になっていたが、自分でできるか?となると、とんでもない。しかし、練習していくうちに、川嶋先生から「落下」の言葉をもらうと、少し動きが近づいた。
         川嶋先生考案の推手ボクシングは、開眼で始まり、閉眼でも行い、いい感触を得る。
         続いて顔面システマ。一方が顔を攻撃して、それを流すところから始まり、返しを加え、最後は閉眼。顔面パンチに対する感覚を養える。
         私からの質問は、ティープにおける上体の脱力。マッの攻防を意識し、その形を保ったまま足を出すと、相手に悟られにくく決まりやすい、と教えられる。
         スパーは一対一で2分3ラウンド。川嶋先生のパンチに対して、前手にも後ろ手にもテッサーイをカウンターで決めることができ、好感触。しかし、川嶋先生は中丹田体眼でこちらをとらえ「やりやすくなった」との答え。延長で、もう1ラウンド、私が中丹田体眼にして動いてみると、確かに相手の全体像はとらえやすくなるが、ビーコートの連動はしにくくなると感じられた。
         終了後、ナンバ歩きの写真を追加撮影。
        | 土曜日格闘研究塾 | 17:30 | - | - | - | - | ↑TOP
        CALENDAR
        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        RECOMMEND
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE