0
    ミットで落下による威力向上、スパーでは相手の攻撃を見て受けようとする失態
     ジム入りすると、ゲーオ氏が取材中なので、大きな音の出るロープは行わず、シャドーから。マットロン1ラウンド、マッタワット1ラウンド、カウ1ラウンド、テッ1ラウンド。
     ミットはウー先生。日曜と同じく高速回転だが、水化して脱力し、疲労しても、すぐに回復できる。
     序盤から浮上が良かったが、ならば落下も!と思い、腕を下げて上体後傾し、大胆に落下すると、威力が向上した。
     しかし、連打での着地時脱力ができず、床反動を使う場面があった。
     ゲーオ氏の連打を見て、dつ力の感覚を学び、明日へつなげよう。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。
     スパー4ラウンド。
     相手が大振りのマッサーイを出してくるのを、見て受けようとしてしまった。この軌道は、受けるのがかえって難しい。寸前でドゥンするような流れとなる。
     見ることができるのだから、相手が動こうとした瞬間にカウンターをとらねばならない。
     見ずに動くことを、改めて復習する必要性を感じた。
     自分の攻撃は、適切な間合いからのテッが、左右とも良い感じで入る。音の違いで、威力も感じられた。
     気温が低いので、スパーを終えて防具を外したら、クールダウンになり、そのまま終了。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:09 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      もっと強く!という欲が出て、乗せる動きを忘れてしまう
       ゲーオ氏たちがランニングに出かけて、ジム内は人が少ないので、存分にロープ。呼吸の調整を続けて、まったく心肺の苦しさは生じない。
       シャドーでは、昨日のウェイトによる大腿などの痛みが出るが、動き続けていれば消えてしまう。シャドーは2ラウンドのみで、ウー先生のミットへ。
       乗せる動きで威力が上がったため、欲が出て、乗せる感覚を忘れてしまった。「強く打とう」と思ってはいけない。ただ乗せればいい。次回は修正しよう。
       テッは浮上により威力を感じる。課題であった落下と上体後傾も少しでき始めた。
       呼吸の乱れはまったく生じずに終了。
       サンドバッグで、マッ1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド、試合想定2ラウンド。
       マッの攻撃のみスパー3ラウンド。乗せる動き、右だけ出なく左から入る、押さえから攻撃、上体の動きなど、さまざまな方法を試させてもらった。
       続いて通常スパー3ラウンド。相手の先輩は戦法を変えて、ティープからテッで入ってきた。この展開だと、かえって、こちらのテッが入りやすくなり、ジャップされる機会が激減した。
       しかし、接近するとフェイントを使ったマッが飛んでくる。前回よりもマッをもらう回数が増えた。
       相手を見ない、動きを止めない、位置取りから攻撃するなど、冷静に修正して対応し、マッをもらった劣勢は挽回できたと思う。
       気温が低くなって自然に汗が引き、人が多いこともあって、スパー後のシャドーなどを行わずに終了。
      | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 14:50 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        マットロンクワーで無反動化・スパーの方法を反省

        11月1日のKNOCK OUTで、日菜太氏と戦うラーシーン氏が、ブライアン・ミクグラス氏とスパー。いかに浮上しているかが、よくわかります

         ロープは、裸で行っても、汗の水たまりができず快適。冒頭に膝の痛みが出たが、呼吸で解消。
         シャドー4ラウンド。
         ミットはウー先生。打点の高い位置へ、垂直上昇からの膝入れを効かせたテッが良い角度で入っていく。威力を感じる。左も右も良好だ。
         連打は、ウー先生には珍しく10を左右行い、これで終わりだろうと思ったら、次は左20になった。それでもひるまず決行。速度は低下しなかったが、威力は落ちた。数が増えると、身体操作を忘れてしまう。どんなに数が増えても、やるべきことを実行する。
         マッは、マットロンサーイで、無反動化が成功し、威力の高まりを実感。この感覚は初めてだ。大きな前進となった。
         ラーシーン氏とブライアン氏のスパーを動画撮影。3ラウンド。
         皆さん、スパーで大変だな、と思っていたら、自分にもスパーを指示され、遠藤氏と3ラウンド。垂直上昇からのテッサーイが入る。しかし、遠慮して攻撃を抑え、受けに回ってしまった。受けに回って対処できる相手ではない。マッの連続攻撃で後退させられること数度。その中にはヒットもあった。
         攻撃が入ったからといって、遠慮してやめてはいけない。こんなときこそ、防具なしスパーで出すような、当たる寸前に速度を落とす攻撃にすればいい。今回のスパーを十分反省して、自分の攻撃が入っても、攻撃を続ける(ただしコントロールする)スパーを行う、という課題ができた。
         シャドー2ラウンドで、カウとテッの各種身体操作を中心に復習とクールダウン。
        | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:13 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          ミットでもスパーでも課題が山積み
           久しぶりの土曜練習。
           13日に試合を控えたKOMA先輩がスパーを行うため、選手の人たちが揃っている。遠慮してタイヤ。ずっとディアムを続け、上体後傾が良くなってくる。
           シャドーは、先輩方のミットやスパーを見学しながら4ラウンド。
           ミットはウー先生。デッの垂直上昇や膝入れは良好で、威力を感じる。足の力みもない。
           しかし、回転の速さに応じるため上半身の力みが生じたしまった。
           連打では、連日の課題となっている落下と浮上が、またしても不十分。ただし、横上げは良い感じだった。
           水化も忘れていて、1ラウンド目では、久しぶりに内臓疲労が生じた。2ラウンド目の後半から、やっと水を思い出して、力が抜け始め、以後は疲労しても回復が早くなった。
           サンドバッグでマッ1ラウンド、テッサーイ2ラウンド。
           スパーは、2人を相手に交代で計4ラウンド。右への移動に相手もついてきて、技が出しにくく、相手の攻撃を見て応じる形になってしまった。自分が位置取りをしようとすれば、相手は当然、それに対応する。次の手が必要な段階となった。
           テッサーイの数が少ない。踏み込まずに出せる練習を積んでいるのだから、もっと積極的に出していい。スパーでも課題が多く生じた。
           サンドバッグでテックワー2ラウンド、シャドー2ラウンドでクールダウン。
          | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:26 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            ラウンド中ずっと10連打!
             気温は下がったが、陽射しは強烈なので、タイヤは2ラウンドに留めておく。先週の過ちをくり返しではならない。
             ミットを待つ人数が多いおかげで、シャドーは入念に6ラウンド行うことができた。
             ミットはドン先生。連打が、かなり多く、テッは、ほとんど連打といった感じで、2連打なら、いい感じで力が抜ける。数が増えても、浮上と、浮上により生まれるリズムを得ることができた。
             
             しかし、右は、まだ着地脱力ができず、床を蹴ってしまっている。右の落下が今後の課題となる。
             3ラウンド目は、10連打から開始。左、右と行って、また10連打の指示。左右合わせて4セットだろう、と思っていたら、また10連打の指示。こうなると、ラウンド中すべて10連打でもやってやる!と覚悟を決めたら、本当に最後まで10連打が続いた。
             落下も浮上もなく、小さな動きで遅く、威力のない動きをくり返すばかり。動けなくなるほどの疲労には至らなかった。続けることはできたので、今後は内容を高めていけばいい。自信にはなった。
             スパーは、4人を相手に1人1ラウンドずつ。正確に位置取りができていると、テッサーイもマットロンサーイも入る。
             しかし、1人だけは蹴りのみで行い、ほとんどテッサーイが出せなかった。思い返すと、位置取りを忘れていた。条件が変わっても、位置取りを忘れてはならない。
             人がどんどん増え、シャドーのスペースがなく、サンドバッグは空いているため、クールダウンと復習を2ラウンド。気温が下がったおかげで、少し汗がひいてクールダウン効果はあった。
            | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 17:27 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              ミットで50連打! スパーは大きな相手にテッが不発
               盛況だった昨日と一転して、ジム一番乗り。
               タイヤから開始し、左右の脇脱力を中心に行う。
               シャドーも左右の脇脱力を使って各技を出し、5ラウンド。
               ミットはウー先生。垂直上昇の位置、膝入れなどが実行できていると感じるのだが、威力が実感できない。連打は落下も浮上も不十分。
               3ラウンドの終了近くに、なぜか50連打(!)を要求され、右で行い、威力は低下しながらも、速度とリズムは維持して50を完遂。我ながら良くやった。ここで3ラウンド目の時間が終了したが、次は左の50連打を指示され、さすがに気持ちがついていけなくなって、20で動きが止まってしまい、以後は連打というには、あまりに遅い動きで、もう10連打すると、また中断。最後の20は何とか動けた。この50連打は何だったのだろう?
               サンドバッグでマッ1ラウンドを行ってから、80キロくらいある19歳の相手とスパー3ラウンド。相手は大きいので、テッサーイを普通に出していいだろうと思っていたが、ティープとマッが中心で、テッが、なかなか出せない。リーチの問題なのか? マッの攻防からは、パムに持ち込めば、こっちのものだと思っていたが、強引な投げで膝の靭帯を傷められ、転がされてしまった。
               シャドーはクールダウンで2ラウンド。
              | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 17:10 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                当たる寸前の減速は、脱力に切り替えれば、速さと威力の向上になる
                 タイヤから開始し、シャドー4ラウンド。
                 ミットはウー先生。打点が高いため、最初はテッで膝が伸びてしまったが、すぐに落下をしっかり行うように修正すると、浮上できて膝が入り、威力の向上を実感できた。
                 しかし、連打(5まで)では、膝のスナップを使ってしまう場面がある。これも、落下が不十分であるがゆえに現象で、単発においても連打においても、十分な落下を行うことで、正しく速く強い攻撃が可能になることを、改めて思い知らされた。
                 サンドバッグでテッサーイ2ラウンド、テックワー1ラウンド。
                 スパー形式でマッの攻撃1ラウンド。相手の手を押さえながらの変化、相手の動きについていく動きなどを試すことができた。
                 続いては、レッグガードなしでのスパー。強打すると、互いに怪我の危険性があるため、当たる寸前で速度を落とす動きを試してみる。これが良い効果をもたらし、蹴りの軌道や膝を入れる角度などを確認できた。当たる寸前の減速は、脱力に切り替えれば、速さと威力の向上になる。今回は1ラウンドしかできなかったが、この方法でのスパーを、もっと増やしていきたい。
                 午前中の涼しい時間帯よりも、一番暑くなってくる時間が近づくに連れ、人がどんどん増えてくる。混んでいるときは、いつもの流れにこだわらず、空いているスペースやサンドバッグで練習すればいい、と思っていたが、どこにも居場所がなくなってしまい、クールダウンのシャドー2ラウンドで退散。
                | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 16:38 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  ボクシング経験者とのスパーは、ティープで膝と腹、テッで右腕を攻撃していると、マッも入るようになる好循環
                   タイヤから開始し、シャドー4ラウンド。
                   ミットはウー先生。打点が高いため、序盤は軸足を伸ばして届かせようとしてしまうが、次第に落下ができるようになり、浮上→膝入れが連動し、威力の向上を感じる。
                   高い位置を蹴るためには、浮上する。いや、高い位置でなくても浮上は必須だ。浮上のためには、大きく落下する。今週のミットで実感していたことを、さらに確信するミットだった。
                   スパーは、先日、パンチのみスパーを行ったウェルター級のボクシング経験者と蹴りありで3ラウンド。
                   蹴りありなら、こっちのもの、と調子に乗ることなく、慎重にティープから入り、相手の前進を確実に止めることができる。
                   ティープが決まることを確認したのちは、相手のジャブに合わせてテッ。左前構えの右腕に食い込み、相手の動きが一瞬止まるのが、はっきり見える。
                   ティープで膝と腹、テッで右腕を攻撃していると、マッも入るようになる好循環。
                   ボクシング経験者に、ムエタイとの違いを知らしめる内容を実行できて、我ながら満足だ。
                   あまりの暑さゆえ、汗を引かせるため、動きの小さいシャドー4ラウンド。それでも、汗が引かない。こんな日は、早めに終了したほうがいい。
                  | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 17:37 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    来るのがわかっているはずなのに入ってくるマッを学ばなければならない
                     タイヤから開始。シャドー3ラウンド。
                     ミットはドン先生。2ラウンドの最初から10連打が始まり、実に6セット連続。途中、低下するところもあったが、見ないこと、横上げなどを実行して維持。動けなくなるほどの疲労は生じなかったが、さすがにきつかった。以後のカウなどで脱力でき、回復。その後も連打が続いたが、やり抜くことができた。2ラウンドのみで終了。人が多くて、私にはラウンド数を減らすために、2ラウンド目で完全に消耗される、という意図だったらしい。
                     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、テックワー1ラウンド。
                     号令サンドバッグ20、30、10、20。
                     スパーは、マッサーイのうまい人と3ラウンド。ティープに対してテッタンサーイを狙われる。ティープもテッサーイも読まれていて、攻撃が足りなかった。
                     2人目はフェイントのうまい人と2ラウンド。つい相手の動きを見てしまい、2回ほど完全に引っかかった。テッサーイは入ること2度、ジャップされること1度。
                     3人目は1ラウンドのみだったが、ゆったりしたマッをかなりもらってしまう。反撃はしたものの、来るのがわかっているはずなのに入ってくるこのマッを学ばなければならない。
                     シャドー2ラウンドでクールダウン。
                    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 16:31 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      連打で連続浮上落下、スパーでテッの垂直浮上から膝入れを実行し、確信を得る
                       下腹部の痛みは、入谷の階段を昇ることに原因があるのでは?とも思ったが、階段を浮上しながら駆け上がっても痛みは出なかった。全快を確信し、課題は明確にしながらも、よけいなことは考えずにジムへ向かう。
                       日曜なので、すでに人が多く、ロープは省略して、シャドーから。
                       シャドーを2ラウンドのみで、ミットへ。今回もチャークが多く、序盤は力が入って疲れを感じたが、脱力して動くことを思い出して回復。
                       10連打は連続で行うが、「嵐」というほどの頻度ではなく、ひどい疲労に陥ることはなかった。前日に研究していた落下と浮上を少し実行できる。これを全動作で行うことが当面の課題だ。
                       スパーは、自分より軽量の人を相手に4ラウンド。ダメージを負わせないようにするため、どうしても見てしまう。見ないで戦うことも、やっておかないといけない、と見ないで動くと、攻撃が入りやすくなった。
                       相手のテッが横から来るので見やすい、と気づき、やはり垂直上昇からの膝入れが重要だ、と認識して実行すると、見事に決まり、強い確信を得た。
                       ミット前のシャドーが少なかったので、サンドバッグは行わず、シャドー6ラウンドで身体操作を確認。
                       先輩が、マッの受けを練習したいので、マッの攻撃側を依頼され、3ラウンド。ラウンドごとに戦法を変えて行いながらも、全体を通して休みなく攻撃するようことを自らに課した。終了後、先輩から「よく動けますね!」と誉められ、気分は上々。
                       シャドー1ラウンドでクールダウン。蒸し暑いので、このくらいでは、汗がひかない。
                      | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:50 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE