0
    楽しく充実したスパーとパムで今年最後のジム練習を終了
     ジムの練習は、今日が今年最後。出席者は、通常たくさん集まる土日を上回る人数となった。
     シャドー4ラウンドのみで、スパーに突入。6人を相手に6ラウンド。先生が横で「(野沢は)小さくて、おじさんなんだから、軽く」と言ってくれるので、皆さん、軽めに攻撃してくれて、適度な攻防ができた。しかし、武来安氏はチャンピオンだけに、胸を借りて積極的に攻撃する。武来安氏は攻撃を止めてくれてはいるのだが、終盤ロープへ詰められてパンチ連打という流れにもっていかれ、実力の違いを見せつけられた。
     パム3ラウンドもラウンドごとに相手を替えて行うことができ、今年最後のジム練習を楽しく、充実して終えることができた。
    | ジム練習(シャドー、スパー、パム、サンドバッグ) | 15:52 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      初撃でテッサーイを決めることができるように高めねばならない
       ジムの忘年会に参加するため、通常より遅めにジム入り。予想どおり、中は人でいっぱい。
       ロープを行うスペースはないので、シャドーから。マッ3ラウンド、カウ2ラウンドを行ったところで、スパーを指示され、6人を相手に6ラウンド。いずれも強豪や経験の長い人たちで、積極的に動くことができた。攻防の中でのテッサーイはヒット率が高い。しかし、向き合ったところから、いきなり放っても入らない。まだ予備動作があるからか。初撃でも決められるように高めていこう。
       サンドバッグでテッ6ラウンド、テッタン2ラウンド。
      | ジム練習(シャドー、スパー、パム、サンドバッグ) | 20:46 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        パムで技術の差、自分の未熟さを思い知らされる
         昨日とは一転して、ジムは早くから盛況。体重は57.65kg。昨日より500グラム増。下げどまりか。
         混んでいるので、ロープは外で行う。寒さは、まったく気にならない。
         中に戻ってシャドー2ラウンドを行ったところで、スパー。相手は2人で、いずれも重量級。1人は190センチくらいある。体重・体格差が大きいため、こちらが攻撃して、相手が受けて返す展開を先生に指示され、かなり攻撃をさせてもらった。左のマットロン・テッとも、ヒット率が高かった。4ラウンド行う。
         パム3ラウンド。この相手も体重差があるのだが、それ以上に技術の差を見せつけられた。首をとる、カウティーを入れる、というところまではいけるが、崩しが、まだできたない。
         サンドバッグでテッ2ラウンド。
         全員でクランチワンツー50回。
         ダンベルでデッドリフト10回、8回、8回。
         クールダウンのシャドー1ラウンド。
        | ジム練習(シャドー、スパー、パム、サンドバッグ) | 16:22 | - | - | - | - | ↑TOP
        CALENDAR
        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>
        RECOMMEND
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE