0
    予備動作なしに出す威力のある前手攻撃を出すために

    大腿四頭筋を働かせると、蹴り出せませんが…


    足先を少しだけ外へ向けて深層筋を使うと、両手でしっかり足首を固定されていても蹴り出すことができます


    予備動作なしに出す威力のある前手攻撃

     武術を格闘技に活かすセミナー&スパーに、今月2回目の参加。
     両手を下ろして、顔面への攻撃を誘い、そこへカウンターを決める戦法に対して、競技ルールの中で、川嶋先生が、どう対応するか?を質問してみた。
     まずは下へ散らして攻撃する。誘っているところ(顔面)を、わざわざ攻撃することはない。
     相手が移動する瞬間をとらえて「先」(「先の先」よりも早期に自分から攻撃する)をとる。
     といった対応が説明された。
     そのためには、自分が動くタイミング、最適の間合いなどがある。
     必須になる技術が、前回、前々回にも指導された、前手で予備動作なしに出す威力のある攻撃であり、実技は前手のパンチ(マットロンクワー)を練習する。
     私は、ミットなどの物を打つ際に、どうしても予備動作が生じてしまっていることを指摘され、攻撃の意識を消して、ただ手を出すだけ、そこに落下と震腰を加えれば、威力のある突きになることを指導される。
     目を閉じてシャドーを行い、そこへ協力者がミットを出して打たせることにより感触をつかむ、落下スクワットを小さく行うと同時に少し腰を入れて震腰を体得するなど、あの手この手で、私の欠点を修正する作業に徹していただけた。
     幸い、最終的には1回いい感じのマットロンが出せたようだ。
     川嶋先生の指導を受けるようになって1年が経つが、今もって体得できていない。この技術が使えなければ、カウンター技術に長けた相手には格好の餌食となってしまう。何としてでも修得しなければならない。


    筋肉の使い方で動きが変わる

     次に、前蹴りの角度について質問があり、川嶋先生が最近発見したといわれる筋肉の使い方を詳しく解説していただく。
     筋肉の種類を大別すれば、弱い部分を守る表層筋と身体を動かす深層筋となり、手首などの角度を少しだけ変えることによって、深層筋を中心に動くことができ、自然な動きで、速く、強い攻撃が出せる。詳しくは川嶋先生のブログに書かれているが、実演を交えながら解説していただき、大きく理解が進んだ。
     通常は30分行うスパーは、今回は質問に対する回答と解説が綿密になり、10分しかなくなってしまった。1ラウンド2分で1周しただけで終了。今回の指導のおかげで、予備動作やカウンターに関して敏感に動けるようになった(気がする)。
     終了後、24日の「達人」に向けて打ち合わせ。名目としては「セコンド」として試合場に赴くが、あくまでも先生のお手伝いという役割に徹する。
    | セミナー&スパー | 17:32 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      頭が前に出ない蹴り、後ろ脚落下におけるヒラメ筋活用
       武術を格闘技に活かすセミナー&スパーは、今月は第一週から開催。先週に続いて2週連続の参加となった。
       壁を前にしてのハイキックから開始。

      https://www.facebook.com/ziyubunkai/videos/540902686067716/

       これは練習方法なのだが、頭を前へ移動することなく蹴る技術を修得することができる、相対軸の蹴りを身につけるには絶好の方法だ。スパーで、上中下段とも頭が前に出る傾向があるので、この練習法が、予備動作のない動きを身につける大きな解決策となる。
       後半では、前回、先の先として練習した前手の突きを、この1週間で修正してきた経過を先生に確認していただくが、まだ肩の動きが残っていた。
       川嶋先生は、站樁によって、腓腹筋を使わずに立ち続けることを発見したとのことで、これは、後ろ足落下から浮上する際、ふくらはぎを使わずに動くと骨が固定されて動きやすくなる状況に通じていると感じられた。腓腹筋でなく、ヒラメ筋の活用により、有効な浮上が可能になる。そう希望を抱かされる内容だった。
       最後は、全員でスパー2周。
      | セミナー&スパー | 15:08 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        初撃の威力と返しのタイミング
         川嶋佑先生の「武術を格闘技に活かす<セミナー&スパー>」は、初撃の入り方や対応を徹底して行う。
         まず「先の先」。予備動作なく威力のある初撃(ジャブ→私の場合はマットロンクワー)を、相手が攻めようとする気配を感じたら即時に出せるように練習する。私は、タイミングはできてきたようなのだが、威力がない、と指摘される。今のままでは、タッチゲームやエッジドウェポンなら通用するが、格闘技、特にグローブを着けた競技では通用しない。先生に動きを分析していただき、結合ができていないことが判明した。腹部の中心線と脇腹の中間(腹直筋の右側)を結合させることによって威力を出せる。今のタイミングで出せるようになるまでも大変だったが、次は威力が課題となった。
         続いて「対の先」は、受けて返す形を覚えることによって実行が可能であることを指導される。
         そして「後の先」は、相手の攻撃をかわして反撃するのだが、かわして返すの1→2ではなく、かわした瞬間に反撃の予備動作に入っている1・5のタイミングで動くことを目指す。スーブランでかわし、かわした瞬間に予備動作へ入り、すかさずマットロンサーイを出す。これをテッでも行い、競技の攻防で大きな戦力になることが実感された。
        | セミナー&スパー | 15:24 | - | - | - | - | ↑TOP
        CALENDAR
        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>
        RECOMMEND
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE