0
    脱力の感覚養成に特化
     昨日の練習を踏まえ、各技の動作を細分化して、脱力のポイントを意識し、徹底して脱力の感覚を養う。
     胸と背を交互に脱力るチャーンサバットヤーを100回に始まり、腰、膝裏、肘と単独で行ってから、複合して技に近づけていく。
     何十年かぶりで、カウの上体と大腿の角度を解説した。この数十年、理想的な角度を実行できていなかったとは、我ながら驚きでもある。
     後半は、ムエコチャサンの技を解説しながら、練習。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 20:27 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      曲側脱力を各技に適用して練習
       システマが終了し、参加の皆さんと先生を見送って、ほとんど切れ目なしで、マーシャルボディへ。
       先週に引き続き、サガット先生を手本とし、まずはテッの横結合から開始。
       結合するための脱力を行い、マッ、カウ、ソークなど各技へ展開して、最後にテッへ戻る。
       横結合が実行できると、蹴り足が軽やかに上がる。早くも成果が出たことを感じた。
      | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 17:31 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        サガット先生を手本にテッの横結合を練習
         サガット先生の写真を手本にして、横の結合を重点的にテッを反復練習。これが実行できれば、さらに蹴りやすくなる。
         後半はムエコチャサン。チャンチーロンから最後のアイヤラーモーまでを一気に解説し、全体を通しても行う。
        | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 19:10 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          対面して位置取りから攻撃
           前回、テーマとした踏み込みを復習し、そこへ位置取りを加える。
           右肘に原因不明の痛みがあって、ミットを持って肘が曲がると強く痛む。左手のみミットを持って、位置取りからのマッ。
           ビッグミットで、位置取りからのテッタン。かなり強力になるため、終了後も痛みが残った。
           パム2ラウンド、ムエコチャサンは、10技目まで進行。
           最後に五行の気。
          | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 18:23 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            滑らせる踏み込みで相対軸化
             前回に引き続き、踏み込みを課題とする。
             わかりやすい前足のインローで、足を滑らせるように前へ出して(「バナナの皮で滑る動きですね」と言われた)上体を後傾させる感覚を養う。シャドーでは安定させてしまうため、すぐミット。いい感じで威力が高まる。
             次に後ろ足でのテッ、さらにはマッへ進み、それぞれミットで確認。しかし、いずれも最初の1撃目は相対軸になるのだが、次第に中心軸化していってしまう。これは自分自身にも生じる欠点なので、ミットを持ちながら、強く自戒させられた。
             最後にマッとテッを組み合わせたミットを、試合時間に合わせて2分2ラウンド。
             踏み込みに位置取りを加える予定だったが、時間が足りなくなってしまった。
            | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 19:09 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              頭の位置を前に動かさずに踏み込む
               今週のテーマであった「頭の位置を前に動かさずに踏み込む」を行う。
               武尊氏式のインローで、身体操作の要点を把握してもらってから、テッやマッへ進む。
               あくまでも相手に悟られずに踏み込むことに徹して、対打やミットも活用。
               相対速度の向上、同時に相対軸による威力の向上も確認できた。
              | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 17:00 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                試合想定の方法に段階を進める
                 前回までは、ひとつひとつの技を別個に反復して身体操作の習得を行っていた。
                 今回からは少し段階を上げ、相手を想定し、位置関係と攻防のタイミングを常に意識して動きながら、複合的に技を出す方法にする。
                 シャドーで、手技から足技へ流れ、ミットで確認。逆ひねりや無反動化が実行できると、確実に威力が向上することを確認できた。
                 ボクシング競技を目指す人には、マッの種類を増やし、前手の攻撃は4方向にして練習。
                 ムエコチャサンの第5技、第6技を行って終了。
                | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 16:52 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  ティープの身体操作を中心に各技
                   ティープは膝を上げる動作が重要、と今週のジム練習において再認識したので、それを活かしてティープの身体操作を確認しながら、テッへつないでいく。
                   前半が足技中心になったので、後半はマッとソーク。ソークはンガとプンを加えた。
                   そして、パム。大きな崩しはできなかったが、手をかけられてからの外しが自然に出たので、終了後に復習と確認。
                   2時間目もティープからの各技を行う。
                   最後はムエコチャサンの第三技チャートックマンと第四技アイヤラーファンノン。動作、対人などの説明をして反復練習すると、時間がかかる。もっと多めに時間をとる必要がある。
                  | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 15:44 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    指導によって、できないと思っていた動きが可能になる
                     試合序盤に使用する技として、下段へのティープを、準備運動を兼ねて開始。
                     動きとフォームを見ながら、膝を上げる際の股関節を曲げる角度が重要であることに改めて気づき、この角度によって、ティープの出しやすさが変わる。
                     ティープで入り、マットロン、テッ、カウ、とそれぞれにつないでいく。
                     テッは、ティーぷの蹴り足を90度開いて下ろすことが理想だが、自分では膝が危険で、これまで行っていなかった。しかし、指導しながら、恐る恐る動いてみると、易外にできた。しかも、テッが自然に出る。できないと思っていたことが、できてしまった。
                     終盤は、パムにおけるカウの出し方、カウに対する崩し方を整理。
                     ムエコチャサンの起式、第一動作チャンチュウウォン、エラワンスワインガ。対人でも行う。
                     最後に五行の気、各種舒筋法でリラックスして終了。
                    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 20:21 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      指導を通して自分の修正ができる
                       1時間目は、ヤーンジョーラケーの身体操作を徹底検証してから、徐々に技へ入っていく。
                       マッ、テッ、ソークを、それぞれシャドーとミット。逆ひねりが実行できると、確実に威力が向上する。
                       パム2ラウンド。カウに合わせた崩しが、かからなくなった。しかも首に手をかけられる頻度が高まる。どんどん手強くなってきて、練習相手としては、たいへんありがたい。
                       2時間目は、適正間合いへの入り方。
                       踏み込みマットロンは、自分の形を見ると後屈立ちになっていることを初めて知った。踏み込むことを強く意識せず、後屈立ちをイメージすると動きやすくなる。指導しながら、自分の修正ができた。
                       血の気を使ったマットロン3種を紹介し、そこからのテッサーイ。
                       ティープからの入り方に移る。ティープで入ってテッサーイ、あるいはマットロンサーイで決める流れ。
                       古式ムエタイの技を指導して欲しいとの要求を受け、マイオンバークとムエコチャサンを実演してみる。これらの中から、少しずつ伝えていくことになる。
                      | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 15:38 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE