0
    マーシャルボディの指導者講習で、新たな身体操作と練習法を学ぶ
     マーシャルボディの指導者講習。
     各部位の引き伸ばし、肩甲骨と骨盤の運動を行って準備運動代わりとする。
     技は、マットロンクワー、マットロンサーイ、ソークンガ、ソークティー、テンカウクワー、テッサーイの6種。山田編集長も一緒になって解説を加えてくれたので、自分でも理解が進み、これまでに気づいていなかった身体操作や練習法を修得できた。
     各技をミットで確認し、最後はスパーで生身の身体をもって確認。2時間半に及ぶ講習を終了した。

     学んだところを整理すると…

    ・攻撃側でない側の肩甲骨も前に出すことによって、タイミングを早め、威力を高める
    ・テッサーイは、前に出るのではなく、むしろ横に出て、曲線引き伸ばし、右股関節を深く曲げる
    ・テッに対するスウェイは、左斜め後方へ足を引く。そこから、すぐテッサーイの返し
    ・肩甲骨を閉じる動きで、前手による崩しとマットロンサーイを同時に行う

     など。
     非常に重要かつ有効なものばかりで、明日は復習だ。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 10:41 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      沈剛老師と共にマーシャルボディ

      沈剛老師のテッチェン(ミドルキック)。初めてにしては、いいフォームです

       本日のマーシャルボディは、沈剛老師への特別個人授業です。
       沈剛老師は、呉式太極拳のクラスに私が参加するごとに「痩せたい、お腹をへこませたい」と、しきりにおっしゃっていたので、この授業1回で痩せることはできませんが、できるだけ沈剛老師のご期待に沿えるべく、燃焼系の内容にしてみました。
       まずは、首、肩甲骨、骨盤などを動かして準備運動代わりとします。
       ここから燃焼系の内容となります。連続浮上落下です。3分2ラウンド行い、一気に汗を噴き出させます。
       続いてカウバンノーク(膝ブロック)を左右連続で3分。膝を横へ上げる動きは難しいようで、前に移動しがちでした。軽やかな浮上にはなりませんでしたが、さらに汗が出て「燃焼」の目的には近づけていると思います。
       ここで、あえて通常の筋力トレーニングを導入します。太極拳では筋肉に力を集中させることを避けますが、筋肉を大きくするためには、この種の運動を避けるわけにいきません。クランチを、ストリクトに10回行ってもらいましたが、そこで痙攣してしまい、中断です。しかし、刺激になった、ということで成功です。
       私の意図では、クランチ、ストレートレッグトゥタッチ、ヒップスラスト、オブリーククランチ、クロスオーバークランチをジャイアントセットで10分行っていただこうとしていたのですが、そこまでは辿りつけませんでした。しかし、痙攣したことで、筋肉へ確実な刺激となりました。
       特例としての筋力トレーニングを終えてからは、脱力してムエタイの技に移ります。
       ソーク(肘打ち)、マッ(パンチ)、カウ(膝蹴り)、テッ(蹴り)の代表的な4種に絞り、ソークはンガ(下からの攻撃)、マッはトロン(ストレート)、カウもトロン、テッはチェン(斜めから)を、それぞれ動きを細分化した動作から、相手を想定した攻撃へと移り、最終的にはミットへ攻撃をするまで段階的に行いました。
       沈剛老師が、ソークンガをミットに放つと、八極拳のフォームになったり、テッは太極拳の分脚だったり、という独特の現象が生じましたが、沈剛老師の動きは、ご本人が「力が入ってますね」とおっしゃるよりは力が抜け、威力は十分で、ミットを持つ私が崩されるほどでした。
       力を集中させる筋力トレーニングや、速い動きのムエタイなど、沈剛老師が通常行っている動きとは異なる種類の運動に対して、真剣に取り組んでいただき、敬服の至りです。
       私も沈剛老師と一緒に動いて楽しかったです。
       終了後、次の機会にも参加してくださると言っていただけたのは、たいへん嬉しく、名誉なことであります。
       沈剛老師、ありがとうございました。
       明日は、呉式太極拳のご指導、よろしくお願い申し上げます。
       終了後、次の機会にも参加してくださると言っていただけたのは、たいへん嬉しく、名誉なことであります。
       沈剛老師、ありがとうございました。
       明日は、呉式太極拳のご指導、よろしくお願い申し上げます。
      | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 19:56 | - | - | - | - | ↑TOP
      CALENDAR
      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>
      RECOMMEND
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE