0
    中断後に動きが向上
     シャドーでマッ2ラウンド、カウ2ラウンド、テッ1ラウンド。ここで電話が入って中断。
    機先をそがれた感じで、終わりにしようかとも思ったが、再開すると、動きが良くなっている。そのまま調子にのって、あと2ラウンド。もっと動きたい気分だったが、欲を出してはいけない。
    | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 17:28 | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      シャドーで各種動作の確立
       1階道場でシャドー。
       マッは拳を握って全身を弛緩させることを目標に2ラウンド。
       テッサーイ1ラウンド、テックワー1ラウンド。ここまでは垂直上昇と上体後傾を確立。左右を複合で骨盤片方上げを重視しながら1ラウンド。
       カウは徹底して前後もたれかかりを行い、クワー1ラウンド、サーイ1ラウンド。
       五行の気、舒筋法。
      | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 20:42 | - | - | - | - | ↑TOP
      0
        各種動作の確認を進める
         前回と同じく、前夜の段階では「明日は、がっぎりウェイトをやるぞ!」と張り切っていたのだが、今日になったら、とてもやるきが起きない。
         道場での練習に変更。
         舒筋法、五行の気を多めに行ってから、シャドー。
         マッ3ラウンドは、骨盤片方上げとムチミ中心。
         カウ3ラウンドは、前後もたれかかりと骨盤片方上げ。
         テッ3ラウンドは、上体後傾・骨盤片方上げ・浮上。
         それぞれ動作の確認を進めることができ、明日への良い調整となった。
        | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 20:33 | - | - | - | - | ↑TOP
        0
          シャドーで動作の調整は良好
           1階道場に場所を移してシャドー。先週と同じ展開だ。
           マッは、落下1ラウンド、骨盤片方上げ1ラウンド、各種の複合1ラウンド。
           カウは骨盤片方上げを重視して2ラウンド。
           テッは骨盤片方上げと左右のフェイントを課題に2ラウンド。
           動作の良い調整ができ、明日の練習に向けた試運転となった。
          | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 16:32 | - | - | - | - | ↑TOP
          0
            マッの身体操作を複合するのが難しい
             林悦道先生の撮影があるので、その前にシャドーを2階道場で行う。
             カウで骨盤片方上げ2ラウンド、マッは落下・無反動化・骨盤片方上げなどの身体操作を複合して実行するのが難しく、どれかに偏りがち。なかなかうまくいかないまま3ラウンド。
             テッサーイは一転して骨盤片方上げなどが良好で2ラウンド。自由に1ラウンド。
            | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 19:29 | - | - | - | - | ↑TOP
            0
              シャドーでも、骨盤片方上げ・自然落下などの課題に専念
               シャドーで骨盤片方上げのカウ2ラウンド、マッは落下から始まり無反動化→骨盤片方上げへ段階を踏みながら2ラウンド。
               プッシュアップ14回、4回、4回、4回、4回。
               クランチ16回、システマ式で54回。
               シャドーでテッサーイ2ラウンド、自由に組み合わぜて2ラウンド。シャドーでも自然落下ができると威力と速さを感じる。
               五行の気、舒筋法。
              | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 16:53 | - | - | - | - | ↑TOP
              0
                断食明けで、体をもっと動かしたい!欲求
                 道場でのシャドーは、5日連続。明日から、いよいよジム再開だが、この調整期間が成果として出てくれると、ありがたい。
                 昨日と同じくカウから開始。骨盤片方上げが徐々にでき始め、動きが良くなる実感がある。昨日までは2ラウンドで十分の感じだったが、2ラウンドでは足りず、3ラウンドに入っている。それでも体を動かしたい欲求がある。断食が終わったためだ、と気づいた。
                 テッも3ラウンド。試合想定は4ラウンド。脱力によって膝折りが自然にできる感覚がラウンドの最後で生じた。この感覚をもっと体に浸透させたいとの欲は出たが、きりがなくなるので、合計10ラウンドで終了。
                 五行の気、舒筋法。
                | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 15:57 | - | - | - | - | ↑TOP
                0
                  踏み込まずにその場で行うことで、骨盤片方上げとディアム同時上げの課題に専念
                   歩行は楽な運動ではあるが、断食中に歩行した後のシャドーは、けっこうきつい。
                   しかし、疲労を感じたら、脱力と弛緩の機会到来だ。
                   カウから開始し、骨盤片方上げとディアム同時上げを徹底するため、踏み込みをせず、その場で行う。踏み込みによって、ごまかしてしまうことがなくなり、骨盤片方上げが落下と共に実行できるようになって、昨日より大きく前進した。
                   カウの感覚を踏襲して、テッサーイ2ラウンド。これも踏み込みなしで行う。膝曲げが良くなった気がする。スイッチをしないでテックワーを行ってみると、これも全体的に良好。右利きゆえ、やはり右の方が器用なのだろうか?
                   試合想定で3ラウンド。
                  | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 13:40 | - | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    すべての技で骨盤片方上げを実行するために
                     シャドーを、テッから開始。数を多くしながらも、課題の身体操作を実行していく。すべての技に共通する骨盤片方上げをテッで体にしみこませるため、以後すべてのラウンドで、最初の1分はテッを回数を多くして行った。テッ2ラウンド、カウ2ラウンド、マッ2ラウンド。試合想定1ラウンド。昨日は、最後のラウンドを弛緩ラウンドにしたが、いつでも弛緩していることが前提。弛緩ラウンドを設定するのは、おかしい。
                     五行の気、舒筋法。
                    | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 16:31 | - | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      テッサーイは少し数を増やして
                       2回道場でシャドー。カウから始めて2ラウンド、テッサーイ2ラウンド。テッサーイ2ラウンド目の途中で、歳の数は蹴ろうか、と思い立ち、時間内に達成。いい汗になった。試合想定2ラウンド、弛緩1ラウンド。
                       五行の気、舒筋法。
                      | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 13:22 | - | - | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE